ウルピナ編備忘録 その6。
2017 / 08 / 16 ( Wed )
サガスカーレットグレイス、
2人目のウルピナ編初プレイ時のメモの続きです。
※ネタバレありです。

◇ウルピナ編プレイメモ続き

・ウルピナ世直しの旅始まる
「もっと世界のために積極的に動きたい!」
居ても立ってもいられなくなったウルピナは、
父マクシミアスを説得して世直しの旅に出ることを決意。

ユラニウス家当主として、父として、
ウルピナの旅立ちに最初は反対したマクシミアスでしたが
最後はウルピナを送り出してくれました。

それではサガシリーズの醍醐味・フリーシナリオ堪能開始です♪

・不死鳥発見
ユシタニア州に行ってみると
火の大精霊である不死鳥を発見するウルピナ一行。

不死鳥の卵を探し出して
悪者の手に渡らないようにすることが
世界を守ることにつながるとなぜか確信したウルピナ姫、
不死鳥が残した1枚の羽根を頼りに不死鳥の卵を探すことに。

Σえ、そんな行き当たりばったりな旅でいいの?
という気もしますがサガなので問題ありません(笑)。

不死鳥の卵といえば、あの南東界外の最果ての島だよなー。
というわけで一行はまず南東界外へ。

南東界外の最果ての島へは
またあの大魔女にワープさせてもらうのかなと思ったら、
ウルピナ編ではそもそも彼女のいる洞窟に入れないみたいです。
ビキニロ辺境州で船を調達することになりました。

・カプレーゼの村にて
ウルピナ「最果ての島までお願いします」
カプレーゼの人「お安い御用……って最果ての島までだって!?」

(ここのカプレーゼの人の台詞がどうしてもノリツッコミみたいに聞こえてしまう・笑)

ビキニロ~南東界外の航路には大渦があり、
とても船を出せるような海域ではない、と断られてしまいます。
たしかにありますね、巨大なメイルシュトロームがマップ上に。

ウルピナ「誰か大渦を渡れる勇敢な船乗りはいませんか!」

そこで、まるで
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!?」
みたいな感じで村の真ん中で叫ぶウルピナ。

すると1人の女性が名乗りをあげました。
「精霊の許しを得た者であれば大渦を乗り切ることができる」
という言い伝えがあるそうで、
大渦を突破できるかどうかはウルピナ次第というわけです。

こうしてクミが仲間になり、彼女の船で大渦に挑みますが、
このシーンを見ていると
ロマサガ2のコムルーン海峡突破イベントを思い出します。
Σあっ、まさか渦の中にいる海棲生物とバトルに!
なんてことにはならないよね?(※ならないので安心です)

大渦は無事に突破できました。

ウルピナ「きっと不死鳥が認めてくれたんだわ」

しかし最果ての巣に卵はなかったので、
あらためて不死鳥の羽根のビジョンを追っていくことに。
……もしかして不死鳥ってメインシナリオ?(今ごろ気づく)

・不死鳥の羽根に導かれて
ある時はリーア辺境州の妖精の繭に止まり、
ある時はイルフィー海の燈台に降り立ち、
ある時はテルミナ州の山頂に降りて人々の注目を集め、
ある時はサンドリア州のイムホキエルダムに止まり、
ある時はモウレワ州の祈りの塔の建設現場に巣を残し、
ある時はケイ州のグレートアーチにて小休止し、
ある時はヤクサルト州の真のヴァッハ神の祠に立ち寄り――

……不死鳥、単に世界旅行楽しんでいるだけなんじゃ?

不死鳥の羽根を使うと見えるビジョンって、
世界のためにウルピナを導いているというより
「ここ不死鳥的にオススメポイントだから寄ってみて♪」
くらいのノリなんじゃないかとプレイヤーの目には映り始めました(笑)。

とはいえ、
最終的にはアスワカンに飛んで行ったので
不死鳥にも何か考えがあってのビジョンなのはたしかでしょう。

ちなみにテスティカ港に寄ると、モンド爺やの台詞がすでに
「この先何があろうとも立ち向かうことができるでしょう」
と、ラスダン突入OKのものになっていました(笑)。

いやいやまだアスワカンには行かないからね?
まだサブイベントほとんど見ていないし、
仲間も集めたいし、装備も鍛えたいし――

・女神アシュテールの試練
鍛冶屋で装備を鍛えたい!でも五行の結晶が足りない!
特に木の結晶が足りない!
木のHARDは南東界外まで行かないとなあ……でもあそこは遠いしorz

と思いながらフィールドをさまよっていたら、
いつもはファイアブリンガーとアシュテール神の葡萄の話が聞ける
アシュテール神の修道院木のHARDのバトルポイントに。

Σ何があったんだ!?とりあえず行ってみます。
やったここで木の結晶をどっさり稼げる!!
それにしてもあれ本当にナイスタイミングだったよなー。

木のHARDバトルの正体は
農業の女神アシュテールの愛という名のバトルでした。
アシュテールの神獣との戦闘になります。

農業の女神アシュテールの神獣は
井戸や水車といった農業に関係した物で胴体や手足が形成され、
アシュテールの神像を抱いたゴーレムという感じで、
まさかの無機物系でちょっと意外でした。

ちなみにこの神獣と戦えるのは3回までです。
したがって、木の結晶がもらえるのも3回までです。

アシュテールの神獣を3回撃破したら
修道女のミラーネさんの台詞が「お見事です!」から
「お見事すぎますわ!」に変わるので、
これ以上ウルピナ達に修道院を荒らされないため、
おそらく彼女の判断でバトルが打ち切られた可能性アリです(笑)。

その後ミラーネさんが仲間に。彼女も仲間キャラだったのか!
(ところでミラーネさんはお腹いっぱい食べさせてもらっているのか心配です……)

とりあえず木の結晶いっぱいありがとうございます。

――続く。
23 : 10 : 46 | サガスカ ウルピナ編メモ | page top
ウルピナ編備忘録 その5。
2017 / 08 / 12 ( Sat )
サガスカーレットグレイス、
2人目のウルピナ編初プレイ時のメモの続きです。
※ネタバレありです。

◇ウルピナ編プレイメモ続き

・緋の欠片を探して in ヌマディカ辺境州
黄金の都を見つけたら現れた巨大赤スライムを撃破し、
緋の欠片を回収&ホンスワンを仲間に。

あのサーシャが珍しく、
この州での緋の欠片探しだけは迷っているようだったのは、
巨大赤スライムの出現と何か関係があるのかな?
(どう考えてもホンスワンの境遇に気を遣ったからには見えないしなあ……)

それにしても、ウルピナの前に現れた
あのスライムは一体なんだったんだろうなあ。
戦闘も制限ターンがある特殊バトルだったし、
しかも倒しても倒しても動きを止めずに移動し続けるし
あの赤スライムのイベントは正直かなりホラーでした

制限ターン以内に赤スライムを倒せたのは
モンドの蛟竜波の毒効果付与が一発で成功したのと
ベアトリスが斧技を1度も外さなかったことが大きいと思います。
それで制限時間ギリギリだったからなー。間に合ってよかった……。

・弓使い雑記
リザーブ解除要員として
切実に弓キャラを仲間にしたかったところなので
早速ホンスワンにツィゴールが装備していた弓を渡し、
ビキニロ辺境州の緋の欠片を回収しつつ、
これで安心してツィゴールさんが隠居できるなあと
ホンスワンの弓スキルを鍛えていると。

その最中にウルピナが音速剣を閃き、
それ以降、リザーブ解除役はほとんどウルピナがするように
そのため、ほどなくホンスワンも
先代の弓担当ツィゴールとそろってベンチ行きとなりました。
ホンスワン……とことん薄幸な青年だな……;

・ようやくアスワカンへ
サーシャの台詞がようやく変わり、
アスワカンに渡ることができました。ここまで本当に長かったですorz
時間がかかった最大の原因は間違いなくマクリルカリでs(ry

父マクシミアスと再会し、堰を切ったように泣き出すウルピナ。
ウルピナの代わりに事情を話すモンドの台詞にこちらももらい泣き。

サーシャ「まだ緋の欠片探しが済んでいないわよ」

そしてこの空気を容赦なくぶち壊すサーシャさん
(いや、あれはかなり待ってくれたよな。)

これまで各地の緋の欠片を見つけるために使ってきた
ユラニウス家のアイベックスの指輪も、実は緋の欠片でした。
それを破壊すれば欠片探しは終わるので、
こちらに渡して、とウルピナに言うサーシャ。

渡すか、渡さないか。
出てくる選択肢。

ちょっと迷いました。
この指輪はウルピナにとっては母親の形見でもあります。
兄を失った上に母の形見まで
ここで立て続けに失わせるのはやはり忍びないです。

しかし、緋の欠片は世界のためにはおそらく破壊した方が良い物、
ここでアイベックスの指輪を手放すことが
ユラニウス家の者として選ぶべき行動なのかもしれません。

 ・指輪を渡す
 ・指輪は渡さない

冥魔サウノックの復活を命がけで阻止した
兄さまのことを思い出したら、やはりここは渡すべきかな、と。
それにこれ断ったら、絶対あのでっかいのとバトルになるよね?(最大の本音)

サーシャにアイベックスの指輪を渡すと、
彼女との緋の欠片探しの旅はこれで終了です。
ウルピナにお礼を言うと、姿を消すサーシャ。

ウルピナ「消えた?……彼女は精霊だったのかな?」

サーシャを見送ったウルピナは、
今度こそ家族全員でシルミウムへの帰路につきました。

こうして第2章・緋の欠片編をクリア。

それにしてもサーシャさん、
レオナルド編の時とのギャップがすごくありすぎでした
ほ、本当に同一人物なのかな……?

あと、レオナルド編では「アイ・ハヌムに沈めて」で、
ウルピナ編では「邪神の欠片だから破壊するわよ」と、
彼女の緋の欠片の扱い方そのものが大きく違っていたのも
ちょっと気になるところです。
この意味もプレイを進めていったら分かるのかなー。

――続く。
17 : 53 : 33 | サガスカ ウルピナ編メモ | page top
| ホーム | 次のページ>>