FC2ブログ
プチ事件発生(解決済み)。
2014 / 02 / 05 ( Wed )
「ダグル・ボース城」のサブシナリオにて、
「占い」の履歴を溜める一方で、トレスラ狩りもしていたのですが。

急に、トレスラが魔道板をさっぱり落とさなくなりました。

これまでは、どんなにアンサガプレイ不調の時でも、
ここのサブシナリオに3~4回も通えば、
1枚は魔道板を入手できていたのですが……。

本当にパタリと落とさなくなった……何でだろう?

これもアンサガ乱数の気まぐれなのかと思いつつ、
その後エスカータ城でパネル交換画面を出したところ、
ただ単に、すでに3枚拾っていただけというオチでしたorz
(※魔道板は一度に3枚までしか所持できません)


凡ミスにも程があるぞ自分……orz


ちなみに、エスカータ城で確認した魔道板は次の3枚でした。

 ・「森の哲学者ガルネリの魔道板」(木L4)
 ・「名もなき土術士の魔道板」(土L1)
 ・「名もなき水術士の魔道板」(水L2)

Σおお!!L4魔道板だ!!
久々のオレンジ色の魔道板!!!

しかも木L4の魔道板・ガルネリは、
これで手に入れるのが3回目です。
よし、今回こそ、これはノースに渡そう♪

1・2回目に拾ったガルネリは、その時の事情により、
1枚目はクン=ミンに、2枚目はレベッカに渡したのですが、
やっぱりこの木行術の最高ランクの魔道板は、
ノースにこそ持たせたいとずっと思っていたので嬉しいです♪

それでは、3枚の魔道板の中身も確認できたので、
これらを術士たちに配るために、
何か1つサブシナリオをクリアしに行ってきます~。
スポンサーサイト



22 : 58 : 47 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
ドラゴンズヘブンにて。
2014 / 02 / 07 ( Fri )
サブシナリオ「ドラゴンズヘブン」

3枚集まった魔道板を配るために選んだサブシナリオは、
ヴェント編のメインシナリオ以来となる龍の楽園

休む間もなく次々と出てきたエルダードラゴンに、
ヴェント編でかなり苦戦した記憶がありますが、
今回はメンバー全員の戦力も十分なので、
このエルダードラゴン大量発生ゾーン・「審判の瞳」
問題なく通過できるはずでしょう。

では出発!

シナリオ制限ターン数は80ターン
意外と短いです。
場合によってはエルダードラゴン戦が多発するシナリオなので、
200~300ターンはあると思っていたのでちょっとびっくりです。

道中は思いのほか順調で、
先ほどの「審判の瞳」ゾーンも、
この度は1~2匹の龍に出くわしただけであっさりと通過(笑)。

今回は戦力に余裕があるので、
新たな技をここでいくつか閃こうかなー、とも
少し思っていたのですが、なかなかうまくいかないものです(笑)。

到達した最深部では、
黄金のエルダードラゴン問答無用でバトルに。

この龍とは、ヴェント編では会話できたので、

【選択肢】
 ・話をする
 ・バトルをする


――と選択肢が出てくることをちょっとだけ期待したのですが
そんな甘い展開にはならず、エルダードラゴンとの戦いに突入。

エルダードラゴン、今回もわけを話してくれたら、
アーミックなら、きっと素直に立ち去ったと思うんだがなー;;

戦いそのものはさほど苦労せずに勝てました。

そして戦闘終了直後、
待ちに待った本日のメイン・パネル交換画面へ。
無事に、いつもの術士3人に魔道板を配ることが出来ました。

~魔道板パネル配布メモ~
 ・「森の哲学者ガルネリの魔道板」(木L4) → ノース
 ・「名もなき土術士の魔道板」(土L1) → レベッカ
 ・「名もなき水術士の魔道板」(水L2) → クン=ミン

ノースには待望のガルネリの魔道板をセット♪
やった~、木L4だ~♪
これで術士は3人ともガルネリ持ちに。
木行術のエキスパートが3人になりました(笑)。
でも木L4の魔道板の持ち主はやっぱり、
ノースが一番しっくりくるなあ~(嬉)。
23 : 11 : 07 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
ガルネリ読解中。
2014 / 02 / 12 ( Wed )
途中経過メモを~。

ノースに渡した待望の木L4魔道板
「森の哲学者・ガルネリの魔道板」を読解中です。

ガルネリの魔道板は本来なら、
8種の木行術全てを始めとする五行術を中心に覚えられる
木L4魔道板のはずなんですが、
ノースはすでに木行術をコンプリートしているので、
ガルネリは「魔印」のみを覚えれば読解完了できてしまうことが
魔道板の読解ゲージ画面にて判明。

ガルネリ――実質、禁呪の魔道板になっています。
木L4魔道板のはずなのに。

これがジョーゼフの言っていた、
「すべての魔道板が禁呪へとつながる可能性を持っている」
という現象なんでしょうか(そんな単純な話ではないと思います;)

そんな考えがふと浮かびつつ、
ただいまサブシナリオ「海賊の招待状」にて、魔道板読解中ですー。
23 : 18 : 54 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
孤島の大冒険。
2014 / 02 / 13 ( Thu )
サブシナリオ「海賊の招待状」

久々に絶海の孤島へ出発。
いや、アーミック編では初めて訪れる場所か……。

ノースに渡したガルネリの魔道板の読解と、
ずっとエスカータに滞在しっぱなしだったので、
プレイヤーの気分転換も兼ねて出発。

島をうろつくサーベルタイガーにも積極的に挑み、
術具の使用耐久値が惜しいので
毎回ファミリアにオーバーグロウスクラウドコールを使わせて、
魔道板読解にいそしみます(笑)。
今ならサーベルタイガーも、もう怖くありません。

道中に発見した宝箱は、
もちろんクン=ミン達で長時間占いまくりました。
術合成パネル獲得のため、
占いの行動履歴も溜められる限り溜めておかなくては。

なので、占っている最中に現れるサーベルタイガーには、
「よし、トラ現れた!バトルするぞ!」と思う気持ちと
「ちょっと待って!バトル回避したい!」と思う気持ちが
同時に生まれてちょっと葛藤(笑)。

その後、タイムアップで町に帰還しました。

宝箱に占いスキルもたくさん使えましたし、
この孤島の固定アイテムの魔道板も回収できましたし、
サーベルタイガー先生たちのおかげもあって、
ノースもめでたくガルネリを読破できましたし、
目的は果たしたので全く問題はないです。

そういえば。

ノースが持つ「森の哲学者ガルネリの魔道板」は今回、
「魔印」という「禁呪が1つのみ記された魔道板」でしたが、
本物の禁呪の魔道板である「古き魔道板L1」も、
「デテクトブラッド」という禁呪が1つ記されているだけの魔道板です。

ということは。

その「古き魔道板」にも、
昔は他の術が一緒に色々と記されていたのかなー。
何か未知の術が載っていた可能性もあるのかなー。
考え出すといろいろ想像広がります。
23 : 14 : 08 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
祝!!!
2014 / 02 / 18 ( Tue )
先日、「森の哲学者 ガルネリの魔道板」を読破したノース。

これで、ノースが読破したL4魔道板は今回のガルネリと、
以前読破したサイレンマディーニの計3枚に。

おかげで、ステータス画面のパネル欄にて、
この3枚のL4魔道板で、“ライン”という
パネル配置を成し遂げることが出来ました!!!

 ■ 
■  ■
 ■ ■

(↑一応図解。オレンジ色のが魔道板パネルです。)

おおお……オレンジ色の魔道板が、
ノースのパネル欄に3枚も!!
それも綺麗に一直線に並んでだよ!!(感激)

しばしうっとりと見入りました(笑)。
3枚並ぶオレンジ色の魔道板の輝きが、もう眩いですv
プレイ中幾度も眺めては、嬉しさや達成感に浸っています(笑)。

まさか、こんな境地まで到達できるとは思っていませんでした。

「L4魔道板パネル」だけはどうしても、
読む術が無くなっても他のパネルで上書き消去する気になれず、
サイレンマディーニもずっとセットしたままにしていたのですが、
パネル交換でガルネリを新たに配置する時、

「あ、ガルネリを右上のパネル欄にセットしたら、
“魔道板パネル・ライン配置”が完成する!」


といった感じで(笑)、
ただ単に「L4魔道板を上書きするのはもったいない」と
思っていたら、偶然誕生したパネル配置でしたが(笑)。

でもそういう成り行きで出来たものだからこそ、
なんだか余計に嬉しいです♪
パネル配置ボーナスも付きますし。
(※パネル配置が“ライン”になると、ステータス値にボーナスが加わります)

まさか、自分のアンサガプレイデータで、
L4魔道板をこういう風に配置できる日が来るとはなー。
ノース、本当に頑張ったなあ~(しみじみ)。

ちなみに数えてみたところ、
初期装備の2枚の魔道板も合わせて、
これで計10枚の魔道板をノースは読破しました。

10枚目にノースが手にした魔道板がちょうど、
木行術使いの彼らしい木L4のガルネリで、
そしてそれがラストの魔道板になって、
「L4魔道板のパネルライン」が完成されたと思うと、
そのキリのよさがまた嬉しいです♪。

ああ~、嬉しいなあ~♪
23 : 08 : 29 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
気分転換を求めて。
2014 / 02 / 24 ( Mon )
術合成パネル(と魔道板)を求めて、
相変わらずリセット三昧のプレイが続いています。

クン=ミン術合成パネルが出るのは何時になるのやら。
近ごろは、あのヌアージにすらとんと出てきませんorz

毎回行くダグル城エスカータ城のマップも、
さすがに見飽き始めてきた今日このごろです(笑)。

…………。

こうなったら、ちょっと気分を変えてみましょうか。

プレイヤーと同じで、
アンサガ乱数にも気分転換が必要なのかもしれません。

――というわけで、
一度術合成パネルから離れて、
冒険でやることを、トレスラ狩り一本に絞ってみることに。

ダグル城とエスカータ城ですることを、
それぞれ「トレスラ狩り」「獲得した魔道板チェック」のみに
使うシナリオとして変更。

最近は1つのサブシナリオの中で、
いろんなことをあれもこれもと同時進行でこなしていたから、
魔道板集めに専念するの、すごく久しぶりだなー♪
そうだ、そろそろ火L4のアマティの魔道板、拝んでみたいな♪

……あ。

そういえばトレスラ狩りも、リセットをしまくるプレイでしたorz

ま、いいか。
少なくともプレイヤーには気分転換になっていますし(笑)。
23 : 01 : 42 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
アマティの魔道板を探して。
2014 / 02 / 25 ( Tue )
「黒の火術士アマティの魔道板」

多くのアンサガプレイヤーが、
一度は入手してみたいと憧れ、求めるという、火L4の魔道板です。

~アマティの魔道板について知っていること~
・火行の全体攻撃術
「太陽風」唯一覚えられる魔道板
・魔印、デテクトブラッド、サイコノイズの
3禁呪まとめて載せている魔道板

とにかくレアな術がたくさん載っている魔道板です。

が、自分の場合は、

【アマティを探し始めた動機】
 クン=ミンに術合成パネルがなかなか来ないので、
 それの代わりに気晴らしで。

最高の人気を誇る魔道板を、
そんな動機で探すってどうなんだという気もしますが(笑)、
とにかく気合を入れて、ダグル城へトレスラ狩りに出発。

が、アマティ探しを目的にダグル城に来た途端、
肝心のトレスラが現れなくなりました。

この間までちょくちょく遭遇していたのに。
まさかトレスラ、こちらの気配を察知して姿を潜めたのか(笑)。

さすが、入手も困難といわれるアマティの魔道板。
そう容易く手に入るものではなさそうです。

~おまけ~
ちなみに、上記のアマティの魔道板は、
ジョーゼフ初期装備している魔道板でもあります。

……ということは。

今、ジョーゼフの娘であるレベッカがパーティに居ますから、
彼女がオジイチャンからアマティの魔道板を借りてくれば
この望みはすぐに実現するんじゃないかな――(笑)

そんな気持ちをものすごくにじませて
サドボスの魔法屋ジョーゼフズに何度も立ち寄りましたが、
当然何のイベントも発生しませんでした(そりゃそうだろう)。

オジイチャン、リース・トーレスの魔道板なんて高望みはしません、
その貴方が持っているアマティの魔道板を、どうか譲ってください!!(心の叫び)
22 : 58 : 44 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
獲らぬアマティの皮算用。
2014 / 02 / 26 ( Wed )
トレスラ入りの宝箱が、
ダグル城にて再び見つかるようになりました。

トレスラと遭遇できれば、
魔道板を入手できるまでの道のりはそう遠くありません。
これでひとまず一安心。

それではアマティの魔道板を求めて、トレスラ狩り再開です。

今のところ、L1・L2魔道板がぼつぼつ拾えるのみですが、
これまで、他の五行のL4魔道板は全種類拝めたので、
アマティもいつか出てくると信じて、ダグル城通いを続行します。

アマティ拾ったらどうしようかなー♪

まだ影も形も見えないアマティに、
何故か気分が今から浮かれています(笑)。

レベッカクン=ミンのどちらかに
渡すことになるのは間違いないでしょうが、
どちらに渡そうかと考えるとなかなか決められません。

レベッカは火行術を使う姿が一番似合うので(個人的に)、
イメージを大事にして彼女に渡そうかなー、とも思いますが、
しかし、反対に「術合成」を持たないクン=ミンにこそ、
レアな術をたくさん習得できるアマティを渡したいとも思います。

すでに「術合成」を所持しているレベッカに渡せば、
合成術「超風」が、アマティの読破と同時にすぐに拝めますが、
いっそクン=ミンを、「アニマルチャーム」「太陽風」という
「レアな五行術」を唯一習得した術士、という
方向で育てるのも悪くなさそうだなー。

……。
実際にアマティ拾ってから考えますか(笑)。
23 : 03 : 35 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
アーミック編近況まとめ。
2014 / 02 / 28 ( Fri )
※今回はメモ書きですー。

アーミック
旅の途中で「竜巻投げ」(体術・投げのL3技)を閃きまして、
めでたく軽体術コンプリート達成♪
槍はL5技・無双三段も覚えたものの、
使い勝手(とダメージ)の関係から引き続き独妙点穴使いです。

ノース
もう10枚魔道板を読み終えましたし、
パネル欄でL4魔道板が3枚ライン並びになったので、
今はゆっくりしてもらっています。
強敵と遭遇した時は神雷で、パーティ1の戦力になってくれています。

ヌアージ
頭と足にヒドラ革製の防具を装備し、
さらにほかの装備欄も、とねりこだのライブシルクだの隕鉄だの、
気が付けばレア素材尽くしの格好になっていた男ヌアージ。
とりわけ、頭のねじりヒドラが、すごくしっくり似合う気がします(笑)。

ファー様
シナリオ中も町での買い物中も、
目利きL4と簡易修理L4のジョイントにはお世話になっています。
ダグル城でも、トレスラ戦で高速ナブラを振るって活躍中。

レベッカ
彼女も、かなりの種類の術を魔道板から覚えました。
それも、拾える魔道板の組み合わせが良いのか、
効率よく術のレパートリーを増やしています。
さすが大魔女アリス・アンブローシアの再来と謳われた人だなー。

バースト
LPもHPも斧パネルももう充実しているので、
怖がりの彼はあまり戦線には出さないようにしています。
たまにトレスラ相手に、ファー様と並んで高速ナブラを練習。

クン=ミン
術合成ほしいです。
でも未だに出ませんorz
うーん……これがまだまだ続くみたいだったら、
もう、術合成にこだわらない方向で育てるかなー。
今も斧と弓でとても強いですし。

でも宝箱を見ると、占いスキルをつい使ってしまいます(笑)。
やっぱり、諦めきれないのかなー、術合成パネル。
23 : 19 : 31 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
近況雑記。
2014 / 03 / 07 ( Fri )
術合成探索の旅真っ只中の
アーミック編一行のステータス画面を眺めていた時のこと。

ノース、レベッカ、クン=ミン(術士組)のHP・・・平均500台
ヌアージ、ファー、バースト(高速ナブラ組)のHP・・・平均400台

気づけば戦士より術士の方が、たくましく育っていました(笑)。

魔道板を読みまくった記憶ならありますが、
そんな戦士を鍛える以上のハードな鍛え方をした自覚は
プレイヤーには全くありませんでしたが(笑)。

術士の皆さん、本物の戦士よりも打たれ強く育っていました。

たしかに術を覚えるためには、
バトルにとにかく参加しまくらないと、魔道板読めないからな~。

アンサガ界では、
「術士は戦士よりもHPが総じて低い」
というイメージは当てはまらないようです。

ちなみに主人公のアーミックもHP500以上に。
城で遭遇する敵はほとんど、
アーミックの三龍旋千手観音で終わらせています(笑)。
軽体術は武器耐久値を気にせずに使えて便利なので
つい、アーミックに頼っています(笑)。


さて、ただ今の状況ですが、
またダグル城でトレスラ探しに没頭しています。
魔道板は集め始めると止まらなくなりますね(笑)。

トレスラ狩りをしまくっている割には、
拾えた魔道板は今一つパッとしない成果です。

またL4魔道板来ないかなー。
固有名が付いた魔道板来ないかなー。
(↑多分この思念が物欲センサーに引っかかっているのだと思う・笑)
23 : 06 : 28 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
呟き。
2014 / 03 / 15 ( Sat )
ちょっと久しぶりのアンサガプレイ記ですー。

プレイ記は久々に書きますが、
アンサガプレイ自体はボチボチ進めていました。

が。

~やっていたこと~
 アマティの魔道板が現れるまで黙々と、
 トレスラ狩り→獲得魔道板チェック→リセット→トレスラg(ry


プレイ状況は相変わらず、
この上の一文だけで済ませられるくらい単調です(笑)。


なので本日は、
ちょっと整理しておきたいと思った、アンサガプレイ中の気持ちを。

クン=ミン術合成パネルを渡すことが今の大きな目標ですが、
プレイ時間がここまで長期間にわたっていると、

クン=ミンに術合成、
もう無理に持たせなくてもいいんじゃないかな――


そう気持ちを切り替えた方がいいのかな、
という気持ちが、最近してきています。

ここまで術合成パネルが彼に出てこないということは、
もうクン=ミンが、術合成使いはこのパーティには必要ない、と
きっと判断しているのでしょう。

考えてみれば、術合成使いはすでに2人も育っているのだし。

それに振り返れば、
最初は「ノースの神雷」を拝めれば、と思っていた旅路が、
レベッカに2枚目の術合成パネルが来たり、
ノースにL4魔道板を3枚も持たせてやれたり、
太陽風以外の全五行術を術士組3人で習得出来たりと、
ここまで予定以上の収穫を得られているのですし。

それに、今までのアンサガプレイを思えば、
すでに、盾系・補助系の術プラス岩石弾も使える、
イメージと合う種類の術を使えるようになったクン=ミン、
術士としての戦力を十分得られた、と考えるべきなのかもしれません。

――と、最近は自分にそう言い聞かせつつ、
ダグル城に通っています。

でも。

本当は今も欲しいです。
クン=ミンに術合成パネル。
23 : 20 : 38 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
迷い中。
2014 / 03 / 19 ( Wed )
魔道板集めの旅を続行中です。
トレスラから拾える魔道板の種類は、
再びL1からL4まで幅広く出現するようになりました。

その際、どういうわけか
ガルネリの魔道板がよく出てきますが(笑)。

あれ?こういう状況でよく出る魔道板は、
ガダニーニの魔道板」だと聞いていたんですが……?(笑)

どのみち、ガルネリの魔道板は
ノースレベッカクン=ミンも、
全員持っているので、泣く泣くリセットしていますが。

それはそうと。

相変わらず迷っています。

リセットの連発&占いの連発、
術合成パネルがクン=ミンに出るまで、まだ粘ってみるべきか。
それとも、ノースとレベッカが術合成パネル持ちになった
今のところで、もう十分な収穫として締め切るべきか。

実はもう、あとはアマティの魔道板さえ拾えれば、
そしてそれをレベッカが読破してしまえば、
ノースとレベッカの2人で、
全20種類の合成術を、習得コンプリート出来るんだよなー。
クン=ミンを無理に3人目の術合成使いにすることもないのかもな……。

うーん……。
クン=ミンは武器使いに戻すべきか?
それともまだ術合成使いにする希望は持っておくべきか?
(策士、少なくとも斧使いから弓使いには転身できましたし・笑)

どうしようかなー。
23 : 07 : 09 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
ついに来た!
2014 / 03 / 22 ( Sat )
ついにクン=ミンに術合成が来たあああ!!!

TVに抱き着かんばかりに喜びました(笑)。
おおお……半ば諦めかけていたところに……!

サブシナリオ「エスカータ城」をクリアしたら、
クン=ミンの獲得パネル欄に
さっきトレスラからもらった魔道板とは別に、
魔道板の絵柄のパネルが。

…………

ΣΣΣ!?!?!?

本当に?本当に??
見間違いじゃないよね?
間違いなく術合成パネルだよね?
そして間違いなく、クン=ミンのところに来た術合成なんだよね?

ほぼ不意打ちにも近い術合成パネル登場に、
画面を二度見どころか何度も見直しました(笑)。
脳がこの出来事を認識するまで少々時間を要しました。

しかし、何度見直しても間違いなく、
正真正銘、策士の術合成パネルだと理解した瞬間。

やったあああああ!!!!

クン=ミンさんありがとうーーー!!!!


バンザーイ!!!!嬉しい~!!!!

とにかく、嬉しい!の一言に尽きます。
しばらく喜びに浸ってきますー(笑)。

うおおおおおお!!!!

やったああああ!!!!

クン=ミンありがとうーーー!!!

よっしゃあああ(ry


嬉しすぎて興奮が全然収まらない(笑)。

ちなみにトレスラが落とした魔道板は
「名もなき水術士の魔道板L1」でした。
デテクトアンデッドが覚えられるのでレベッカに渡しました。
23 : 16 : 54 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
解放。
2014 / 03 / 24 ( Mon )
今回は一言メモ。

クン=ミンにようやく術合成パネルが来ました。
いや、来て下さいました(笑)。

これで、術合成探しのリセット地獄から解放される♪
クン=ミンに術合成パネルが来た嬉しさの次には、
この安堵感がこみ上げてきました(笑)。

それから、先に魔道板を拾って術を習得してから
術合成パネルが出るまで粘った方がいいのか、
それとも、術合成パネルを拾っておいてから、
後でじっくり魔道板を探せばいいのかと、
迷いを抱えてプレイする必要ももう無くなったぞー!

よし。
これで、魔道板集めに心置きなく専念できます。
23 : 19 : 08 | アンサガ 術合成の旅-4 | page top
| ホーム |