FC2ブログ
アンサガ日記・ジュディ編 1
2013 / 04 / 26 ( Fri )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


アンサガ2周目はジュディ編で開始。
前回のローラ編ではお留守番だったので、
今回は思いっきり主役を満喫させてあげたいです。

サドボスの町で魔法屋を営む、ジュディの祖父ジョーゼフのもとを
クライドという彼の旧友が訪ねてきまして、そこから事件発生。

世界各地にばらばらにテレポートさせられた家族を探して、
オジイチャンを家の姿見の中から助け出すため、
小さなジュディの冒険が始まります。


メインシナリオ「家族を探して、北へ」

樹海を一歩も進まぬうちから敵に絡まれました;;

うわ、初っ端から容赦ない(汗)

連れているファミリアたちは「○○遁」しか使えないので、
とにかく初期装備の杖で殴り倒します。

ちなみに、この時殴るのに使っていた杖は
攻撃術・炎の矢が使える術具でもある、と気づくのはまだ先の話です。

最初の敵を何とかやっつけ、前進するとキャッシュさん初登場。
そして、ジュディの事情を知ると一緒についてきてくれます。

ジュディを樹海にうっかり迷いこんだ子供かなと思い、
なんとか怪しまれずに話をしようとモノローグを巡らせる彼がなんだかツボ(笑)

そして、事情を話すジュディに、
キャッシュ「樹海を通ってお使いだなんて、普通じゃないな。
どういうことか、おじちゃんに教えてくれないかな?」


Σ「おじちゃん」!!!

ツボでした(笑)

きっと、子供の面倒をみるの好きなんだろうな~。
小さい子供に接するのも慣れている感じだしな~。
なんというのか、キャッシュのいい人っぷりがうかがえてイイ台詞です。

その後も、運び屋と出くわした後の会話とか、
クライドの使い魔が襲ってきた時の二人のやり取りとか、
あっという間に打ち解けているジュディとキャッシュ。

見ていて楽しい(笑)、そして居るだけで安心できる味方が出来ました。

それにしても、おじちゃん……おじちゃん……!!!(笑)
いかん、思い出すと未だにくすっと笑いがこみあげてくる……(笑)
スポンサーサイト



21 : 27 : 20 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 2
2013 / 04 / 27 ( Sat )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


樹海で出会ったキャッシュおじちゃんのおかげで、
ジュディは無事に樹海を出ることが出来ました。

「知らない人について行ってはいけません」
そんな標語はアンサガの世界には無い模様です。
(今の子供がこんな風に他人について行ったら、間違いなく心配されます。)

ジュディとキャッシュの樹海二人旅、
バトル中もシナリオ中の掛け合いもほのぼのと楽しませてもらいました。

樹海を抜けて着いたのは、セリンという小さな村でした。
父親のトマスと再会。

すると、村娘のウルスラさん誘拐事件が発生。

クライドの呟きなんぞを聞いているヒマはありません
一行はすぐにウルスラさんが連れ去られたと思われる洞窟に突入します。

メインシナリオ「ウルスラさんを助けなきゃ」

が。気づいたら巨大な獣人3体とのバトルに。

え、何!?これボス戦!?こいつらがウルスラさんをさらった犯人?

何とか全滅はせずに済みましたが……とにかく強かったorz
戦闘終了時の3人の残りLPは悲惨でした。

しかも結局ウルスラさんとは関係なかったみたいです。
LP削られ損かー(泣)

その後、何とかウルスラさんと彼女をさらったというゴージュらを発見。
ジュディとゴージュの言い合いが、
20歳過ぎた青年と10歳の女の子の応酬には見えんのですが(笑)

その後、召喚主を速攻で焼殺した召喚獣を倒して、めでたしめでたし。

……めでたしめでたしではない人が何人かおられる気もしますが。

騒ぎを起こしたゴージュは父親に勘当され、ジュディの旅のお供を命じられることに。

旅の仲間が増えたなー。これで4人かー。
前回のローラ編の時と比べると仲間が増えるのが早いです。

もっとも、次のメインシナリオ(峡谷)で1人減りましたけどね。
トマスさんー;;

と悲しみつつも、落ちる前には彼の持ち物をしっかりアイテム欄に回収(鬼)。
装備品は
銃1丁だけという軽装で谷底に落下したトマスさんでした。
22 : 25 : 31 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 3
2013 / 04 / 28 ( Sun )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


クライドの使い魔の襲撃を受け、
父トマスと剣難峡で離ればなれになってしまったジュディ。

辛い別れですが、今は一刻も早く家族みんなを見つけなくてはなりません。
父の無事を信じて、ジュディは先へ進むことを決断します。

峡谷を過ぎて、ようやく次の村にたどり着きましたが――

\アリだー!/
村人「山賊どもだー!」

ジュディ「とにかく、山賊さんを追い払わなきゃ!」

Σえ、ちょっ、休む間もなしですか!?

武器耐久値も所持アイテムも余裕ないんですけど?

問答無用でイベント突入です。
泣きたいのを堪えて山賊を片っ端から倒していきます。

キャッシュとゴージュの攻撃を中心にして山賊を追い払います。
武器耐久値が危険になってきたので、途中から攻撃手段はキックのみ。
キック一発で次々にダウンしてくれる山賊どもで助かりました。

ジュディは長弓で時々後方から援護。
すると山賊戦の最中、長弓に「でたらめ矢」のアビリティ(全体攻撃技)が追加!

でかした、ジュディ!!

20分ほど費やしまして、何とか山賊撃退成功。
下手したら山賊との戦いの無限地獄になるという噂のイベントだったので、
とにかく終了できてほっとしました。

撤退する山賊の中に兄のロイらしき人影を見かけたので、
翌日早速確かめに行くジュディたち。

はたして山賊のアジトでロイお兄ちゃん発見。

そんな中、下剋上を起こした暗黒魔道士・カミルと戦闘に。
この戦いからロイも加わります。

それにしても。

ロイ「ふざけるな!なんでお前にデブ呼ばわりされなきゃいけないんだ」

お兄ちゃん、怒るところ間違っていませんか?(笑)

カミルを倒すと、必ず「常闇の書」という禁呪の魔道板を入手します。
とりあえずジュディのパネル欄にセット。

拾った禁呪の魔道板から禍々しいものを感じるジュディ。
すでに初期パネルに禁呪の魔道板を所持していますが
ジュディが初めて触れる「魔道」の知らない一面でもありました。


兄ロイと合流したので、次の行き先を決めるジュディたち。
次の目的地は港町「ガデイラ」になりました。

あー、久しぶりの街道の旅だなー。
22 : 57 : 02 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 4
2013 / 04 / 29 ( Mon )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


ガデイラの街に到着。
ちなみにジュディ編は、この街でようやく改造屋を利用できます。

武器耐久値をある程度回復させたら、
早速メインシナリオ「快適な船の旅?」に出発です。

そして、ローラ編の時と同じく、化け物の襲撃を受ける船。
クライドの使い魔の仕業と思われます。

船の乗客「うわ、化け物だー! 」

ロイ「ナニ、食べ物だ?」
ジュディ「違う、ばけもの!!」

緊急事態発生中の船内で、漫才繰り広げる平和な兄妹(笑)。

この騒ぎを鎮めるため、ジュディたちも動きます。

船内にどこからともなく湧いてくるモンスターを、
倒しては進み、を繰り返しているとまた何かが出現。


「かわいいお嬢ちゃん、私が君を護ってあげよう」


Σ新手の敵か!?


とっさに武器を向けました(笑)。


100%誤解されかねない台詞とともに登場した男・ヌアージ。
ついでにバトル中の姿勢も怪しすぎです。
何でそんなに両手を広げてわきわきさせているんでしょうか?

極めつけはクライドの使い魔戦の、5連携発動時。

「人の絆が、敵を倒すのだ!!」(by.ヌアージ)

腹抱えて笑い転げました(笑)
一行に加わったばかりなのに、目立ちまくる人でした(笑)。

噂には聞いていましたが、
ここまで面白い言動の持ち主だったとは……(笑)

プレイヤーがヌアージの不審者ぶりに一挙一動に気を取られている間に、
船はヴァフトームに漂着していました。

ヌアージがあちこちで有名な理由が、少し分かった気がします(笑)
20 : 06 : 00 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 5
2013 / 04 / 30 ( Tue )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


 ~レジナ・レオーヌ祭~
ジュディ編でもイベントムービーが流れるようです。

ヌアージ曰く「世界最大のお祭り」、レジナ・レオーヌ祭。
目を輝かせて祭りを見て回るジュディ。

人垣でせっかくのお祭りのパレードが見えず、
頑張って何度もジャンプするジュディと、
彼女を見て一緒に跳びはね出すアーミックの組み合わせが最高ですv

しかもそれでアーミックに対抗意識が出たジュディ、
ファミリアのポセイドンを召喚してみせると、
カエルの姿をしたポセイドンの背に乗っかって人垣を飛び越え、
自分もパレードに参加するという大胆な行動に(笑)

多少の飛び入りも祭りの花という雰囲気なのか、
パレードの皆様もそのままジュディと行進。
(それは乱入にはならないのかとヒヤヒヤしましたが……とりあえず楽しめてよかったね・笑)

さて、一時の休息も済んだので家族探しの旅を再開。
ロングシャンクの宿で姉のマリーと合流できました。

おっとりしたお姉さんですが、

龍の牙をねだったところ誰も戻ってこない、って……。

帰還者0人の真相は、自分には探せない物だと諦めたからなのか、
あるいはそれを手に入れに旅立った先で龍に――?
後者の可能性が高そうな気がします。
「確信犯」とか「小悪魔」という単語が何故かプレイヤーの胸中をよぎりました(笑)

再会したマリーに禁呪の魔道板を拾ったことを話すジュディ。
するとマリーもここで同系統の魔道板を頂いていたそうです。

ただし、ばらばらに割られた「かけら」の状態で。

「魔道板」が「割られる」ということに疑問を持つジュディたち。
そのかけらがあった場所に行って、もっと調べてみよう、という流れに。

レベッカ探してオジイチャン助けるのが今は最優先だろ、
とツッコみたいところですが。

しかし、これらの魔道板について調べることで、
クライドがオジイチャンを襲撃した理由である「禁呪の魔道板」についても
何か手がかりが得られるかもしれませんから、全くの寄り道というわけではない……
と思うことにしましょう。


結局、魔道板のかけらを拾いまくったものの、
それが意味するものはよく分かりませんでした。
これがメインシナリオに入っている理由もよく分かりませんでしたがorz

結局、かけらは改造屋で追加素材として消費しました。
魔道板って銅製なんですね。

旅の目的を本題に戻し、母レベッカを捜してひたすら東へ進みます。
しかし同じ頃、クライドもレベッカの居場所を突き止めたようです。

どちらが先にレベッカを見つけられるのか。
22 : 49 : 12 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 6
2013 / 05 / 01 ( Wed )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


東の地を目指して、ひたすら街道を前進。
本日はずっと、街道の旅です。

例によって、道を歩けば落とし穴にハマり、とげとげに刺さり、落石に遭い、
宝箱を拾えば針や毒、爆発、宝箱モンスターのトラップがフル発動し。

1周目のローラ編とは違い、罠外しも鍵開けも使っているのですが、
大して旅が楽になった気がしませんorz

「ワナなんか仕掛けやがって、ふざけんな!」

と叫ぶゴージュの気持ちが、今はものすごく分かる。
ここまで立て続けにトラップに引っ掛かってばかりだと、
そりゃそう言いたくもなりますわな。

現在のプレイヤーの気持ちを一番代弁しているリアクションです(笑)

一方ヌアージは罠だらけの街道でも、ヌアージワールド全開でした(笑)
浮いているのか馴染んでいるのか分からない男ヌアージ。

~ヌアージ語録~
「みんな大丈夫か?」(トラップ回避失敗時)

初めて見た時、ヌアージ頭打ったか?と一瞬本気で心配しました。

「華麗にかわせたな」(トラップ回避成功時)

たぶん誰も聞いていないと思う(笑)

「みんなの応援のおかげだ」(鍵開け成功時)

たぶん誰も応援していな(ry

もう、この人は、どこからツッコミ入れたらいいのやら……(笑)
22 : 29 : 20 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 7
2013 / 05 / 03 ( Fri )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


エスカータに到着。
ダグル・ボースの襲撃を受けて
焼け跡となっている街の光景を見てジュディが一言。

「誰がこんなひどいことを…まさか、クライドさん?

いや、それはいくらなんでも、
さすがに早とちりし過ぎだよ、ジュディ。

街で聞き込みをすると、
クライドが差し向けたモンスターの襲撃から町の人々を守るため、
レベッカがどこかの塔に連れていかれたという情報が入りました。
それにしても、笑顔を見せながら自ら……レベッカさん肝が据わっているなー。

母レベッカを助けるため、ジュディたちは急ぎます。

メインシナリオ「死なないでお母さん!」

「宝箱発見!」
よし、罠外しと、鍵開けと、占いと……「魔法鍵」?
これ未だに対処法よく分からないんだよなー、いつも通り体術で壊すか。
(シナリオ中の一行の様子)

ゲームの常、プレイヤーのサガとはいえ(笑)、振り返ると突っ込みたくなる行動です。
一刻を争う状況で何やっていたんだ。

さて、塔の通路と階段をひたすら駆け上ると、
最上階で倒れているレベッカとドラゴンを発見。

※後から知ったことですが、レベッカのもとに着くまでに掛かったターン数で、
彼女の残りHPとLPが変わるそうです。
目安ターンは100らしい。今回は当然オーバーでした。レベッカさんごめんなさいorz


「ジュディ~、私はいつも本気よ~。演技なんかじゃないわ~」

マリーお姉ちゃんのそら恐ろしい台詞とともにエルダードラゴン戦開始です。

レベッカをレスキューしてから、6人で交代しながら戦い、何とか撃退に成功。

ともあれ、無事にレベッカとも合流でき、これで家族全員を発見。
急いで家に帰ってオジイチャンを助けなきゃ、と思うジュディ。
あとはサドボスの実家に戻るだけです。

あれ?父トマスの存在が忘れられている気が……。

一方、エルダードラゴンも退けられたクライド。
思いつめたように何かを決断し、使い魔に最後の命令を下します。
最後はクライドの言いつけに従ったものの、
主を思いとどまらせようとした使い魔が健気です。

これまでのクライドとのやり取りからも、
クライドの使い魔はただ主の命令に従うのではなく、
時には、主に対して自分の意見を言えるくらい
深い信頼関係を築いていたんだろうなー、とふと思いました。

クライドが禁呪の魔道板に執着し、手段を選ばなくなる前には、
きっと他愛のないやり取りを色々していたんだろうな、とちょっと想像。
21 : 26 : 19 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 8
2013 / 05 / 04 ( Sat )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


~オジイチャンを助け出せ!~
オジイチャンを助けるために家に急いだジュディたち。
しかし、クライドが先に手を回しており、
オジイチャンを閉じ込めた鏡はすでに粉々に割られていた!

万事休すかと思われたそこに、父トマスが合流。
そして祖父ジョーゼフがいる鏡の世界に行く方法があると話す。

突破口を見つけたジュディたちはオジイチャンを助け出すため、
七大驚異の1つ「神のテーブル」に向かう――
(↑何かの予告編……?)



急展開を迎えたジュディ編。

割られた鏡の前で途方に暮れかける家族のもとに、
とてもピンポイントな情報を持って、父トマスが生還。

「神のテーブル」は鏡の世界に通じている七大驚異なのだそうで、
そこへ行けば鏡に閉じ込められたオジイチャンを助けられる、というわけです。

最終シナリオ「オジイチャンを助け出せ!」が冒険画面に出現。

それでは、皆で力を合わせてラスダンに――ではなく、
サブシナリオに行ってきます。
今のステータスでラスダンに行っても返り討ち必至ですし。
最終戦に備えて、装備も技もしっかりそろえておかなければ。

オジイチャン、あともう何日か待ってください;;

まず、最終戦メンバーを誰にするかですが、
これは、サブシナリオでの各自の成長具合を見てから決めようと思います。

しかし、これだけは決まっています。

ヌアージは留守番確定。

決して、ヌアージをジュディたちの旅に同伴させ続けるのが
危ないと思ったわけではありません(笑)
言動がとにかく面白すぎて、笑えすぎて、
戦闘時のリールの目押しに全く集中できないためです。

さて、留守番役も決まったところで、
これからサブシナリオ開始です。
22 : 03 : 51 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 9
2013 / 05 / 05 ( Sun )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


サブシナリオで皆のステータスを底上げしていきます。

サブシナリオの一つ、「三つの鍵」を何となく選んだところ、
屋敷内でやたらと強いトラに遭遇。

全く歯が立たないわけではないですが、
それでも手強くて、LPの減るペースが普段の戦闘時より速いです。

うわ~、強すぎる……こりゃ負けるかもなー……

ピカーン(電球)!

キャッシュ「高速ナブラ!」

!?

まさか、このトラってもしかして……噂のサーベルタイガー先生?
(※サーベルタイガーと戦うと、強い技を手ごろに閃けるため、
このトラは多くのプレイヤーから、技を教えてくれる「先生」と呼ばれています。)


思いがけなく道場を確保できたので、
しばらくの間はこの屋敷に通ってサーベルタイガーと戦いまくり、
L4技を閃いていきました。

そして最終戦のメンバーももう単純に、
この道場でL4技を閃いた人から順番に枠を埋めていくことにしました。

~ラスダン突入メンバー~
ジュディ
 メイン武器は弓から槍へ。
 LPを削る威力が一番ある技・独妙点穴の使い手として成長。
 パーティ全体に危機が迫った時、起死回生の戦力として立ち回れるように。
 攻撃は最大の防御です

キャッシュ
 高速ナブラ一番乗りしたことで、長剣使いから斧使いに転身。
 パーティにいるだけで安心できるお方でしたが、
 高速ナブラを覚えたことで、戦力面でも頼もしい人になりました。
 あとは斧パネルが来てくれたら言うことなしです。

ゴージュ
 高速ナブラ2番乗り。
 この時点ですでに斧L4パネル持ちなので、閃いた瞬間から一軍に。
 気づけばステータスも力と技が唯一50近くまで伸びた強い人。
 冒険時は、占いリールを×で止めまくって苦労していましたが。

ロイ
 高速ナブラ3番乗り。
 どんな時でもフランスパンを手放さないお兄ちゃん。
 「肉の鎧」が現在もパネルラインを作っています(笑)

マリー
 弓使い。
 ほんわかしていますが、実戦では影矢でたらめ矢も容赦なく放ちます。
 町ではあきんどスキルを発揮して、相手が泣くまで値切るお姉ちゃん。

レベッカ
 メイン武器は短剣。ブラディーマリー使いです。
 声も勇ましくてかっこいいです。
 なるほど、ジュディの言うとおり、ローラさんの雰囲気と似ていますね。

こんな感じになりました。
ちなみに、ジュディ編は最終シナリオ参加人数が6人までなので、
トマスが必然的に2人目の留守番者に。

今思えば、ジュディ一家は全員連れて行くべきだったと思います。
家族が一致団結する最終シナリオなのに;;

でも、一家の大黒柱として、
トマスがサドボスの家の留守を守るのも大事な役割なのだと
前向きに捉えることにしましょうか。
すでに留守番中のヌアージを、1人きりで野放しにしているのも心配ですし
23 : 36 : 33 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 10
2013 / 05 / 06 ( Mon )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


今回は改造屋での記録書きです。

・念願のダマスクスを手に入れたぞ!

ダマスクスを作るためには、材料入手~完成までの手間が結構かかるので、
自分にはまだ当分の間作れっこない物だと思っていましたが……。
出来る時には、あっさりと出来るものなんですね~。


ローラ編と同じく、ジュディ編でも改造屋に入り浸る一行。

今回も耐久値の減った武器を改造屋で修理していると、
いつもと違う攻撃力の「鋼の斧」が完成。

これはまさか、ダマスクスに改造できる特殊な鋼!?

しかもその時「廃石」も偶然持っていたジュディたち。

もしかして今、ダマスクス作りの条件がそろっている?

(【ダマスクスの作り方】・・・特殊な「鋼」 + 特殊な「廃石」

特殊な鋼と特殊な廃石の作成方法等の詳細は各自で調べてみt(ry

急遽予定を変更して、改造屋でダマスクス作りを開始。

ダッシュで最寄りの魔法屋に駆け込み、獣石グッズを購入し、
改造屋に戻るとそれらを使って「石の短剣」を作成。
(お店では当然、マリーのあきんどを使用・笑)

そして、先ほどの鋼の斧と、今作った石の短剣を組み合わせると……
「黒鋼の斧」が完成!

あれ?ダマスクスの斧、という呼称じゃないの?
一瞬慌てましたが、素材は確かにダマスクスになっていました。

初めて作れたダマスクスは、ゴージュが装備して使うことに。
(ちなみにこの斧は、元々はトマスの初期装備。ある意味リサイクル。)
22 : 45 : 06 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 11
2013 / 05 / 07 ( Tue )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


ラスダン突入に向けて、サブシナリオ三昧の日々です。
まずは「鉱山の危機」「玉座の温もり」をクリア。

その後は、ラークバーンの町を中心に、
手ごろなサブシナリオに片っ端から挑戦。
が、どのシナリオも開始時は勇んで出発したものの、
「剣士の落とし物」「市長の悪夢」も、迷子になっているだけで時間切れにorz
各依頼者さま、クエストを放置してきてごめんなさい;;

結局ラークバーンでクリアできたのは「光砂の滝」のみ。
「光砂の滝」はなんだか印象に残るシナリオでした。
ラストの展開はすでに読めていたんですが、それでもしんみりくるいい話。



サブシナリオはまだまだやりましたが、
1つずつ解説するのもアレなので、以降ダイジェストで。

「墓場」・・・タイムアップ。結局墓荒らしまがいのことをしただけで終了

「三つの鍵」・・・クリア。
鍵を拾って、水晶玉を拾って、屋敷の奥でアンデッドを倒す簡単な冒険です。
別名、サーベルタイガー道場の閉校式。

「消えた大富豪」・・・クリア。
シナリオラストで、「このまま自分を見逃してほしい」と言う大富豪。
前回のローラ編では富豪の自由にさせましたが、
今回は妻のもとへ戻らせてみたところ――

悪妻「あ~ん~た~…どうなるか分かってるでしょうね~」

(バキッ!ドカッ!グワシャッ!) ※洞窟内に響く効果音。

富豪「ひゃあ~!!許しておくれ~!!」

ナレーション「富豪は悪妻に引きずられ洞窟を出ていった…」

……(汗)
つ、次からはまた見逃してあげよう……;
あの音は明らかに、素手じゃなくて何らかの凶器でボコボコにされていますって;
22 : 57 : 03 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 12
2013 / 05 / 08 ( Wed )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


最終シナリオ「オジイチャンを助け出せ!」

みんなで力を合わせて、オジイチャンを救出するべく、
ラストダンジョン「神のテーブル」に出発です。

ラスダンに突入すると、オジイチャンのメモ紙を発見。
5枚集めるとオジイチャン救出のための呪文が完成するようです。

おおー、筆記用具は携帯しておくものですね、オジイチャン。
それではメモ紙集めに出発!

一定ターン経過ごとに飛んでくる鏡の欠片に
容赦なく何回も襲われながら、メモ紙を拾い集めていきます。

天界の鳥との戦いは……もうたくさんです……orz

ちなみにオジイチャンのメモ紙、
5枚集めるとそのままラスボス戦開始になります。注意。

ジュディー!待って、まだ出発しちゃダメー!!
まだセーブが、テトラフォースがー!!!


画面の前で叫ぶも、時すでに遅し。

ええ、うっかり5枚目のメモ紙も何も考えずに拾い、
カオス・ルーラー戦で全滅しました。

メモ紙4枚集めた時点でテトラフォースを探しておけばよかったorz

ラスダン突入からやり直しです。
18 : 10 : 30 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 13
2013 / 05 / 09 ( Thu )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


ジュディ編クリアできましたー!

ラストダンジョン「神のテーブル」、テイク2です。

今度はきちんとテトラフォースでセーブしてから、5枚目のメモ紙を回収。

メモ紙のおかげで無事にオジイチャンと再会できましたが、
そこに、若返った姿のクライドが現れます。
禁呪の魔道板を欲するあまり、吸血鬼と契約し、
老いた寿命を延ばすために人外の身となったのでした。

禁呪の魔道板を渡すようジョーゼフに迫るクライド。
旧友を何とか説得しようとするジョーゼフでしたが、クライドは聞き入れず、
戦いは避けられないものになりました。


~クライド・ブラックストーム戦~

クライド「女子供でも容赦はせんぞ!」

「こっちは全く容赦のない街道のワナを潜り抜けた身だぞ!!」

クライドのあの第一声に、こちらも戦闘モード全開になり、
情け無用・手加減無しで、ダマスクス製の斧を持ったゴージュを出して応戦。

先程までの話の流れも、いろいろと完全にぶち壊しです。

タイマンバトルの結果、クライド戦は2ターンで終了。
それにしても、斧と銃が対等なダメージを出した事実が未だに衝撃です。
お互いにお互いのLPを単発で3も削りましたし。


~カオス・ルーラー戦~

クライドを倒すとそのままカオス・ルーラー戦へ。

クライドが倒れる間際に感じ取った「究極の禁呪の力」とは、
カオス・ルーラーを呼び寄せる力でもあった……という解釈でOK?


それでは最後の戦い、油断せずにいきたいと思います。

ゴージュ「こいつを倒せば、俺はヒーローだな!」

クライドとの1対1の勝負に勝てて、気持ちに弾みがついたのか、
ルーラー様を目の前にしてもやけにノリノリな台詞のゴージュ(笑)

カオス・ルーラー、今度は無事に勝てました。

最終形態のルーラー様の滅殺剣を受けると、
L4技をものすごく出しにくくなってしまうのがめっちゃ怖かったです。
攻撃だけも恐ろしいというのに……orz

また、ルーラー戦では、参戦キャラが1ターンに1人ずつ喋るのですが、
ジュディ一家の台詞はどれもクライドに対して向けられた言葉であり、
クライドのことを考えての台詞だったのがすごく印象的でした。

「自分をそこまで追い込んで、人に迷惑かけて、そこまでしてやること?」
というロイの台詞には、特にぐっときました。

クライドを一家を襲った敵としてではなく、
きちんと向き合っているジュディの家族の態度に、
なんだかじんときて、目頭が熱くなりました。

……やっぱりジュディ一家全員で臨めばよかったかなー、この最終戦orz

ちなみに、肝心のオジイチャンは――

「ワシのことを忘れておったのか――」

クライドに向けてではなく、プレイヤーへの小言でした(泣)

LP7なのでずっと控えに居ていただいたのですが、それがまずかったようですorz


ED関連については、回をあらためて書こうと思います。
23 : 02 : 01 | アンサガ ジュディ編 | page top
アンサガ日記・ジュディ編 14(最終話)
2013 / 05 / 11 ( Sat )
※基本的にネタバレしています。
お読みになる際はご注意ください。


※アンサガジュディ編・最終話です。

ジュディ編EDについて、追記にてあれこれ書いています。

続きを読む
15 : 39 : 08 | アンサガ ジュディ編 | page top
| ホーム |