FC2ブログ
もうすぐ2017年。
2016 / 12 / 31 ( Sat )
今年もたくさんの方にお世話になりました。
いつも拍手やご訪問いただきまして、深く感謝申し上げます。
来年も当ブログをよろしくお願いいたします。


今年は地震など大変な出来事が次々起きましたが、
アンサガ、ロマ佐賀3、サガフロ、サガスカ――と、
サガからたくさんの活力をもらった一年でもありました。

どのサガイベント&サガシリーズも、
本当に行けてよかった&出会えてよかったものばかりです。
サガスカのBGM聴きながらの大掃除はすごくはかどりました(笑)。

さて、今年ラストの更新はサガスカのプレイメモを。

※以降、固有名詞はなるべく伏せてはいますが
ネタバレ要素も多く含みます。読まれる際はご注意を。


先日、レオナルド編をクリアしました!

あえて攻略情報をゼロでプレイした分、
いろいろ知ってからプレイするのとは違った楽しさで
サガスカの世界を堪能できたなあと思います♪
その辺りも、年が明けたら色々書いていきたいです。

現在は素材集めがてら、南東界外で巨鳥を追っかけています♪
メインストーリーを追うのも楽しいですが、
ミニイベントに寄り道するのもまた楽しいです!
あ、モアがいたぞ!逃がすな!(笑)

・ラストダンジョン~エンディング感想

レオナルド編の終盤は、
思わず目頭が熱くなるシーンが
トラップのごとく散りばめられているので注意が必要です(笑)。
そして締めにあの壮大なエンディングが来たらもう涙腺崩壊する;;

それにしても、ラストバトル直前に出てくる選択肢。
これをあえてプレイヤー自身に選ばせるのか製作スタッフよ(褒め言葉)。
Σなんだ、このバトルとシナリオどっちにサービスしようか的な選択肢は!(笑)
正直ガラハドからアイスソード奪う時より悩んだよ(待て)
といいつつ、どの選択肢の展開も総当たりで見て満足しました(笑)

ラスボスは意外といえば意外、頷けるといえば頷けるあの方でした。
ラスボス登場の仕方やそれに対してのレオナルドの反応、
そして白熱したバトル模様はまさにサガ。
BGMも歴代サガのラストバトル曲を感じさせながらも
同時にすごく新鮮で、プレイヤーの闘志に火をつけてくれる曲ぞろいです。

ラストバトルは、基本技を駆使してやられる前にやれ、でもいけるし、
強力な攻撃を喰らうリスクは高くなるけれど、連撃発生を狙って
こちらも強い技を用意してから挑むのもありという、
今までになく自由度が高い戦い方ができるなあと思います。
ちなみに自分はもっぱら前者の戦い方でした(笑)。
星1つの脳削り&流し斬りバンザイ(笑)。

ラスボス撃破後のあの一連のシーンは、
見れば見るほどさまざまな解釈ができそうです。
レオナルドの旅は、サガスカの歴史に照らし合わせた時、
実はかなり深い意味を持っていたのかもなあ。

ということは、レオナルド編のキーアイテムだったあの欠片はもしかして――
そして、レオナルド編冒頭の女性の正体は、まさか――?
ちょっと予想してしまったけれど、実際は違うかもしれない(笑)


それでは、良いお年をお迎えください!
スポンサーサイト



16 : 44 : 13 | サガスカ 雑記 | page top
2016年プレイ納め。
2016 / 12 / 29 ( Thu )
今年のアンサガプレイ納めに、
クン=ミンが石の雨を覚えたセーブデータで
ユン老師&カオス・ルーラーに挑んできました!

ユン老師の例のバリアも、
今では超風神雷石の雨の術合成で解除。
(金行術だけはレベッカの金のファミリアを使用)
ああもう見ていて豪勢だなあ♪
そして3人とも本当に強くなったなあvv

全部ファミリアで地道にバリアを解除していた昔を思うと、
ノース、レベッカ、クン=ミンの3人の成長をひしひしと感じます。
魔道板をこつこつ読んできた甲斐があったなあ……。

カオス・ルーラー戦も、術合成をばしばし使っていたら
これまで苦戦していたことが嘘のようにあっさりと撃破。
第三形態時のカオス・ルーラーを1ターンで仕留めた
クン=ミンの石の雨×5は特に圧巻でした。

ところで石の雨って、
「これはカオスとの戦いで使う術だ!」と言わんばかりの
見た目と威力の術だなあ、と、見れば見るほど感じます。
無数の石つぶてが画面を埋める勢いで敵に降り注ぐ術の見た目が
あのラストバトルの宇宙空間の背景とすごくマッチしていて、
あれはまさに、最終決戦の「切り札」用の術だなと思いました。

術合成って、じっくり育てていけば
ほんとに大きな戦力になるんだなあ……。

~おまけ・老師戦にて~
ヌアージの長ターン待機後のボイス、
「切り札は簡単には出さないものさ」を初めて聞けました♪
聞いた時はめっちゃ笑いました(笑)。
ヌさん、自分で自分のコト切り札言うんかい!(爆笑)
セリフそのものは渋くてカッコよかったのにヌさんが言うと笑える(笑)
21 : 28 : 23 | アンサガ 術合成の旅-5 | page top
祝・アンサガ14周年&サガ新作発売!
2016 / 12 / 23 ( Fri )
少し過ぎていますが――

アンリミテッドサガ、発売から14周年おめでとうございます!!

ロマンシング佐賀3が12月18日で最終日なのは、
19日はアンサガ14周年のお祝いに
丸一日どうぞということなのかなと勝手に思っています(笑)。

アンサガは今年大収穫だったなあ。PS2よありがとう。
またアンサガプレイしたいなあ。

それから、昨年に引き続きロマ佐賀を開催してくださった
関係者の皆さま、ありがとうございます。
そして、ロマ佐賀3に参加された皆さまお疲れさまでした。
1日だけだったけど、参加できてほんとに良かったです!
何より、サガフロをプレイするきっかけをくれてありがとう!

そして。

新作「サガスカーレットグレイス」発売おめでとうございます!

現在プレイ中ですが、
めっちゃ面白いです!!
フリーシナリオ楽しい!
そしてあのバトルシステムは病みつきになる!!
あと鍛冶屋でもらったトロフィー名が笑える……(笑)。

基本的に、バトルもその他もろもろも完全に新システムですが、
あのバトルのシビアさ、そしてハマる魅力は間違いなくサガ
バトルBGMも熱い曲がそろっていて漲ります。

あと、ここはたぶんアンサガの要素が洗練されて誕生した
バトルシステムなんだろうなあ、と感じる部分も
ところどころに見られて、見るたびニヤけています(笑)。
きっとあれは、アンサガでいうところの
「五行の力で魔道板を読み解く」なんだろうなあv

それと、ロマサガ&ミンサガにもあった「愛」の意味が
サガスカでは劇的変化を遂げていてツボでした(笑)。
あの項目の説明文がすごくいい味出していて好きですv

サガスカーレットグレイス、
これからじっくりプレイしていく予定です。
プレイ後なにか書きたくなったら書いていこうかなと思います。
16 : 47 : 18 | アンサガ 雑記-5 | page top
続・サガフロ1プレイメモ(クーン編)。
2016 / 12 / 18 ( Sun )
クーン編プレイ記後半です。
ちなみに冒険の末、クーンはトリケプスの姿に、
済王はトレントの姿に変身しました♪

・ヴァジュイールの宮殿へ

残すはヴァジュイールの持つ指輪だけとなりました。
これだけたくさん指輪があれば、もうマーグメルに帰っちゃっても(ry

クーン編の旅がハードだった、という記憶なのは、
間違いなくこのヴァジュイール宮殿の攻略が原因です。

というか『解体新書』を見ながらやっても難しかったぞ!(笑)

中にはクリア条件が見当つかない部屋もあって、
自力で解けたのは8部屋中2つだけ(護りの間と戦士の間)でした。
その2つも気づいたらクリアできていた、というオチで(笑)。
プレイヤーの知恵と閃きも要求されるヴァジュイール様の試練。

噂のマグマスライムの試練は、
何度かパーティを鍛え直して最後にクリアしました。
LPが高いゲンさん、リュート、メイレン、T260、特殊工作車で挑戦。
二刀烈風剣&全体射撃で毎ターン切り抜けました。
ゲンさんがたくさんディフレクトしてくれました。感謝。

でも考えてみれば、
こういう感じでLP削られるのって、アンサガでは見慣れた光景だよね。
――と考えたら、マグマタッチの連続にも冷静になれました。
むしろLP1しか削らない優しいマグマスライムだ(笑)。

ところで商人の間に居たハイ&ローの司会者たちは、
いつごろからあの部屋に居るんだろう……?
指輪の挑戦者なんてめったに訪れないと思うので、
ヒマすぎる、どころではない問題がかなりあると思う(笑)。

・目指せ芸術点10点

 ヴァジュイール
 「待ちに待った真の挑戦者よ、
 かかって来い!そして私を楽しませてくれ!」


そしてこの台詞とともに流れるBattle#4

わあ、最高にかっこいい……!!

曲のイントロとヴァジュイールの台詞がこの上なくマッチしていて、
これからバトルなのも忘れてしまうほど酔いしれた場面でしたv
待望の指輪の挑戦者への
ヴァジュイールの静かな歓喜と気分の高揚が伝わってくるようです。

さて、美しい連携を決めて、
ヴァジュ様から芸術点10点をもらわねばならない最後の試練。
間違いなく、クーン編で一番苦労したバトルです。

何回も全滅してやり直しました。
連携を決めて見せろとヴァジュイール本人が教えてくれる分、
バリアの解除方法が作中ノーヒントに近かったアンサガの老師戦より
間違いなく親切なはずなのに、
前者のバトルの方が何倍も苦労しましたorz

普段使わない技や装備をとっかえひっかえして、
試行錯誤の末、クーン、済王、アニー、ゲンさん、リュートの5人でクリア。
合格できたのは済王の草薙の剣とアニーのディフレクトのおかげです。

3点や2点の芸術点をちびちびかき集めて、なんとか合格点に到達。
噂のハイドビハインドは使わずに突破できたのでそれでよしとします(笑)。
美しい5連携……いつか出してみたいものです。

・最後の戦い

マーグメルに帰還。
指輪の力に呑まれたメイレンがパーティから離脱し、
ラスボスのマスターリングとの戦いに。
BGMがミンサガの“邪聖の旋律”っぽくてテンション上がります♪

ところで「願いを叶える指輪」の正体は
欲望のエネルギーを集めるためにばらまかれた道具で、
指輪はその手段として持ち主の願いを叶えていただけ、
というメイレンの話を聞いて思ったこと。

それなんていうキャッシュ兄さんの呪いのガントレット!?

アンサガの呪いのガントレットもたしか、
欲望の力ならぬ、戦いの力を集めるために作られた遺物だったよなー。
そして遺物に目をつけたレオンとジーンが
最後に混沌の力に狂わされてしまうところも、
今回黒の指輪に狂わされたメイレンと似ているなあと思う。

~最終決戦メンバー~
クーン、フェイオン、ゲンさん、リュート、ヌサカーン

ゲンさんがいきなり魅了攻撃を喰らって
二刀烈風剣をこちらに放ってあっさりと全滅orz
1個だけ持っていたパープルアイをゲンさんに装備して仕切り直しです。

ゲンさん&リュートは二刀烈風剣で全体を攻撃。
フェイオンはひたすらロコモーションG。
クーンはシルフィードがメイン攻撃、たまに毛繕い。
ヌサカーンは回復担当で、余裕がある時のみ銃で攻撃に参加。
ゲンさん以外に魅了攻撃がこないことを祈るのみ――

すると今度はクーンが魅了され、指輪を敵に使用orz
あろうことか、なんと敵全員のHPを回復。な、なにをするきさまー!

――というハプニングが生じた以外は、特に被害なく戦えました。

メンバー全員が、あと1回分しか技を出せない――
というところまで消耗したころ、マスターリングも力を失って地上へ落下。
おお……ぎりぎりの戦いだったなー(WP面が)。

ところで、フェイオンはロコモーションGを、
あのマーグメルの遙か上空という場所でどう繰り出していたんだろう。
ツッコんではいけないことなんだろうけれど(笑)

エンディング。

クーンがメイレンに手を差し伸べ、
メイレンがその手を取って立ち上がるところがとても好きです。
ほのぼのしていながら、同時にじーんとくるよなあ……。

そして、最後まで己のペースを崩さない
ヌサカーン先生が印象的でした(笑)。
ゲンさんはこれからワカツの復興に取り掛かるのかなあ。

そういえば、ゲンさんの名前の元ネタは
今年の大河ドラマの主役でもある源二郎こと真田幸村から、と
この間知って(河津神のツイッターにて)、
サガフロにハマったのがまさに今年なので、ちょっと感慨深いです。


こんな感じで、クーン編クリアです。
23 : 04 : 17 | サガフロ1プレイ記 in ロマ佐賀3 | page top
サガフロ1プレイメモ(クーン編)。
2016 / 12 / 12 ( Mon )
3人目はクーン編を選びました。

クーンの指輪集めの旅は、
ほのぼのしている一方でとてもハードでした
よく無事に帰ってこれたよなー、ほんとに。

正直、アンサガのアーミック編の
雨乞い儀式のアイテム集めより大変だったかもしれない(笑)。

~クーン編メモ~

・出発~スクラップ

寿命間近のマーグメルを甦らせるために、
長老に見送られ、指輪集めの旅に出発。
おお、旅はスクラップから始まるのか!
わ~い、ゲンさんとT260だ~!リュートも~!

マーグメルは混沌をさまようリージョン、というメイレンの話から
アンサガのさまよえる島のことが浮かんできました。
メイレンとの出会いもユン老師を思い出すし、
たしかに、クーン編とアーミック編って似ているところがいっぱいだな~♪

そして酒場のみんなでカバレロ事務所へ。
ゲンさん&リュートのカバレロへの言い様が酷い(笑)。
いやプレイヤーも完全に同意だけど。
ところでイベント中のカバレロ手下のみなさん、
なんと親分のカバレロを差し置いてボイスありです(笑)。

・メイレン救出作戦開始

 T260
 「メイレンの救出が最優先。
 主力班で正面に敵を誘導し、
 警護の薄くなった地点から救出班を潜入させます」


では作戦決行。
ゲンさんとT260が表で派手に騒いでいる隙に
クーンとリュートで工場に突入し、メイレン救出に成功。
おーサイレン機能もついていたのかT260!

そしてみんなでカバレロファクトリーに殴り込みに(笑)。
さて、この度はT260G編の時とは違うぞ!
今回は工場の道順も知っているし、リュートも加わって5人だし、
なにより無限ジャンクあさりのおかげでみんな重装備だからな!(笑)

おかげでボス戦は楽々勝利ー♪
指輪もお安くゲット♪

ところで。
上記のT260の台詞ですが、
「職業・階級による呼称以外は様を使用することになっている」
(T260G編より)はずなのに、
なぜかメイレンのことは様付きで呼ばなかったT260。
たぶん製作者のミス たぶん“タコおじさん様”の時みたいに、
“メイレン”は階級かなにかを意味する単語だと
T260は解釈しちゃったんだろうなー、と初めは思っていましたが、
振り返ってみれば、カバレロのことも敬称なしで呼称していたT260。

つまり――
メイレンはいずれ敵キャラになる、と、T260には分かっていた!?
メイレンは最終決戦直前でパーティを抜けるぞ、というヒントが、
実はあのイベントでも示されていた、ということか!?


……いやいやまさかね(笑)。

以下、残りの指輪集めメモです。
(※話が偏っている上、アンサガ語りがちょくちょく混じっています)

・指輪集めの旅 in タンザー

ふと思ったんだが、
混沌の海で生きていけるタンザーと
アンサガのカオス・ルーラーって、どっちが強いんだろうなあ……。
シップごと丸呑みにしてしまうくらいなので、
タンザーならルーラー様をも食してしまいそうな気もする(笑)。

何度も消化器官に捕まり、何日も同じエリアをさ迷いまくり、
ボロボロになりながらどうにか指輪を入手。
フェイオン、道案内してくれるならもう少しわかりやすく頼む(泣)。

あそこにはもう当分の間行かなくていいや(真顔)

ところで、タンザーの体内で
アンサガのヒロユキみたいなことを言っている人がいて
ちょっと気がほぐれました(笑)。

・指輪集めの旅 in 済王の古墳

 済王
 「シュライクを脅かす悪しき者達め!」

 リュート
 「何か勘違いしてるぜ、あの骨」

 ゲン
 「お前は死んでるんだから、
 そんな指輪に意味はないだろう。俺たちに譲れ」


生者たちの言い分が、
間違っていないけど、なんつう言い方だ……(笑)。

その後、指輪の話を信じてくれた済王も、
指輪とともにパーティに加入ー。
ああ、なんか憎めないいいキャラだなあ、済王。

済王を見ていたら、
なんだかアンサガのイスカンダールのことが浮かんできました。
エメラルドと旅をした時からまた歳月が流れ、本当に天寿を全うして、
彼がヴァフトームの霊廟で眠る時が来ても、
案外、彼も済王みたいにスケルトン姿で現世に復活して、
エメラルドの子孫たちとも楽しく旅に出ているかもしれない(笑)。

・指輪集めの旅 in バカラ

カジノのシャンデリア壊してしまってほんとにごめんなさい。

このイベはこの一言に尽きます。あれあの後どうなったんだろう……;

・指輪集めの旅 in ヨークランド

噂のヌサカーン、初パーティイン。
考えてみれば、初の妖魔メンバーだなー。
妖魔の白衣の回復効果にはお世話になっています。
ところでヌサカーン先生、
バトル時の立ち姿にはヌアージと相通じる何かを感じます(待て)。

富豪に「もう勘弁してください」と言われてからは話しかけていないので
富豪親子は夜逃げしていない……と思う。

・指輪集めの旅 in ディスペア

アニーに案内を依頼して潜入。
意外とあっさり指輪入手できました。
ところで、ここで所長からもらえる指輪は「隠者の指輪」。
隠者……!?(思わず条件反射・笑)

・指輪集めの旅 in オウミ領主の館

指輪を譲ってもらおうと館に行ったら、
落とし穴に落とされるという随分なおもてなしを受けましたorz

地下には結界石をはじめ、
貴重なアイテムがごろごろ落ちていたのでまあいいか。
ちなみにここでもらえる指輪は「策士の指輪」。
策士……!?(やっぱり条件反射・笑)

そんな感じで指輪が8つ集まりました。

続きはまた後日に。
23 : 04 : 45 | サガフロ1プレイ記 in ロマ佐賀3 | page top
続・サガフロ1プレイメモ(レッド編)。
2016 / 12 / 07 ( Wed )
レッド編クリア!
特撮ヒーロー要素がぎっしり詰まっていて、
熱くなる展開が目白押しでむちゃくちゃ楽しかったです!

以下プレイメモ。

~最終決戦メンバー~
アルカイザー、BJ&K、ラビット、ドール、ヒューズ

ヒューズとドールの跳弾十字砲火がとても爽快でいいなあv
2人ともきっとお互いの攻撃するタイミングとかは
阿吽の呼吸で分かるんだろうなあvこのIRPOコンビ大好きですv
2人の髪の色の紫と金髪に、
技エフェクトのオレンジと紫のコントラストがまた美しく、
見ていて飽きないですv

・ブラックレイ潜入~四天王との再戦

メタルブラックの「逃がさん!!」は、最初本気でビビりました(笑)。

ブラックレイ内でメタルブラックから逃げ続けるミッションは、
数えきれないほど自爆スイッチオン!でタイトル画面に戻され、
最終的に『解体新書』の力を借りてミッションクリア。

ブラックレイで拾った月下美人オクトパスボードはBJ&Kに。
これでいつでも、タイガーランページやメイルシュトロームを使える♪
でも初めから装備している圧縮レーザー砲の方が使いやすかったりする(笑)

ブラッククロス到着後、
いきなり拾える結界石。これはどうもご親切に(笑)。
あと途中でハイぺリオンを拾ったのでラビットに装備。
レッド編のメカたちも見ていて飽きないです♪

道中の敵がパープルアイをぽろぽろ落としてくれました。
でも実は、ブラックレイ潜入前に、
数時間費やして人数分買いそろえてきたアイテムだったので、
嬉しいけれど正直ちょっと複雑な気持ち(ry

そして最深部でブラッククロス首領&四天王とバトル。
えーと……すみません、
あの時はプレイヤーの時間が迫っていたので、
シュウザーとアラクーネは、ついDSCで倒してしまいましたorz

・最後の戦い――の前に(幕間)

メタルアルカイザーとの戦いの前に、ちょっとツッコミたかったこと。

 Dr.クライン
 「お前との戦いの分析の結果、
 お前の能力をコピーするのが最強であるという結論に達した」


“敵方の能力をコピーするのが最強”が最終的にたどり着いた結論、って、
研究者として悲しくないんだろうか……。

そのあとの彼の台詞、
「相手の弱みに付け込めないのが、メタルブラックの最大の弱点だ。
だが、その心を失っては最強になれん」
には、
悪事を重ねてきたとはいえ、
彼の研究者としての信条を見た気がしてちょっとぐっときたんだけどなあ。

うーん、Dr.クラインにしかわからない境地なのかもしれない。

とはいえ、こちらのメカたちも
「ブラックレイ&ブラッククロスで調達したアイテムを装備するのが最も強い」
という結論に達しているので五十歩百歩かもしれない(笑)。


・メタルアルカイザー戦

竜巻攻撃をしてくる時、
自分も竜巻と一緒に回転しているメタルアルカイザー
すごく和みました(笑)。

メタルアルカイザー戦は
バトル前もバトルもバトル後も、
胸が熱くなる名場面&名台詞の連続でした!
Battle#5のBGMがもう最高に燃える!!!

ところで、あのバトル曲を聴くと
ヒューズとドールの跳弾十字砲火が炸裂する音が
セットで脳内再生されます(笑)。
ほんとにかっこいいよなあ、あのIRPOコンビはv

ダークフェニックスを受けて閃いた真アル・フェニックスは、
これでもかというくらいド派手でカッコいいヒーロー技でした!!
サガの閃きと、ヒーローもののお約束展開の組み合わせが、
ここまで燃える名シーンを生み出すとは。
これは熱い!!!

メタルアルカイザー、お前は強かったよ……

・真の首領戦

ずっと楽勝ムードでした。

ドールとヒューズの十字砲火と跳弾の連携が炸裂し、
そこへアルカイザーの真アル・フェニックスが決まり、
合間にBJ&Kとラビットの圧縮レーザー砲が援護し、
締めにラビットの次元衛星砲、という感じで、
ずっと安定したペースで戦えました。

真アル・フェニックスを絡めての連携がばしばし決まり、
そしてラストは“十字跳弾レーザー真アル・レーザー”の5連携が決まり、
それが真の首領へのとどめとなりました。
よっしゃああああ!!!初めて5連携が出たああああ!!

おおおー気分爽快だああ!!!
連携システムを心ゆくまで堪能したラストバトルでした。
サガフロの連携って、すごくスピード感あふれていて爽快だな~v

そしてエンディング。

とうにあちこちでネタバレされていて知っていましたが(笑)、
Σアルカールの正体って、あの人だったのか!
ああ、だからか……といろいろ腑に落ちました。

ブラッククロスを倒すという目的を果たして不要となった
アルカイザーとしての力をレッドからはく奪したのは、
きっとアルカールの、そして中の人の、
戦いは終わったから日常生活に戻れという優しさなんだろうなあ。

と、しみじみ余韻に浸っていたら、
最後の次回作予告で噴きました(笑)。

T260G編とは違った楽しさがたくさん詰まっていて、
シナリオを進めていくほどぐんぐん惹きこまれていきました。
レッド編も楽しかった~!
23 : 15 : 44 | サガフロ1プレイ記 in ロマ佐賀3 | page top
| ホーム |