FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
バルマンテ編備忘録 その2。
2017 / 10 / 26 ( Thu )
サガスカーレットグレイス、
3人目のバルマンテ編初プレイ時のメモの続きです。
※ネタバレありです。

■バルマンテ編プレイメモ続き

・野イチゴメモ
OP後のモウレワ州に行く時は
メッセージが出るだけだったケイ州の各シンボルに
寄り道できるようになったので、
まずは例の野イチゴを眺めに行ってきました。

ほんとに眺めに行っただけです(笑)。

誤って摘んだらLP-1されるマンドラゴラ
3分の2の確率で引っこ抜く可能性があると思うと摘む勇気はなく、
野イチゴとマンドラゴラの見分け方を知るサガスカ5周目まで
実はずっと摘まずにスルーしていました(笑)。

見分け方が分かった現在は気軽に野イチゴ摘みまくっています♪

・テルミナ州にて
シグフレイ関連の情報が入ってきたので
次はテルミナ州に向かうバルマンテとアーサー。

「シグフレイ教団」というものが誕生して
テルミナ州の各地で紋章焼きをしているそうです。
紋章焼き自体は地元の風習らしいのですが、
それに交じって冥魔を呼び出す紋章焼きをしているのだとか。

では現地調査開始。

シグフレイ教団とシグフレイには何か関係があるのか、
紋章焼きの現場に片っ端から聞き込みに向かうバルマンテたち。
……いや、あれはむしろ殴り込みだな

バトルではアーサーの毒霧をいつも開幕と同時に詠唱しています。
毒効果&全体攻撃と便利な術なので、
これがあるのとないのとではバトルの安心感がかなり違います。
なるほど、TIPSで術が力説されていたのも納得。

さて、殴り込み現地調査の結果をまとめると。

結論:テルミナ州の住人の誰かがシグフレイだ!

モウレワ州のポールの時みたいな感じで
シグフレイがテルミナ州の誰かに扮している線が濃厚となりました。
でも誰に?

バルマンテ「自分の直感を信じよう」

いやそれ、
一歩間違えば無関係の人を捕まえてしまいかねないんじゃ……?

と思わずプレイヤーは画面の前でツッコみましたが
とりあえず目の前の交易所に寄ってみます。

すると交易所のおじいさん、
シグフレイが扮した相手かもしれない、と
自分が思われていることをあんまり否定しないどころか
むしろ自分がシグフレイだと判断されても別にいいよ、というノリ。

Σいやおじいさんもっと慌てて!ていうか違うならもっと否定して!(汗)

さすがにここでおじいさんをシグフレイとしてしょっ引くのは
いくらなんでも証拠不十分すぎると思いそのまま撤退。
で、その足で近くの関所に行ったらなんとビンゴ
関所の男性がシグフレイでした。

さっきのおじいさんを処刑していなくて本当によかった……。

――と初プレイ時は単純にそう思っていましたが、
2周、3周とバルマンテ編をプレイし直してここのシナリオを繰り返していると
交易所のおじいさんがああいう反応だった背景がだんだん見えてきて、
ここのシグフレイをプレイヤーが指名するシーンって
シグフレイシナリオを理解する上でかなり重要な場面なんじゃないかと
思えてならない今日このごろ。


閑話休題。

――で、シグフレイを処刑して終了かと思ったら、
締めにテルミナ海に大物が出現しましたorz
しかも難易度HARD……orz
シグフレイめ最後に何呼び出してくれたんだー!

全滅&再挑戦を繰り返してようやく勝てました。

しかし後日、『緋の天啓』を読んだらこのボス戦、
回避することもボスを弱体化させてから戦うこともできた
と知り愕然。

ああそうだなー。
そういう選択も普通にできるRPGだったなサガシリーズは(笑)。

――続く。
スポンサーサイト
21 : 32 : 20 | サガスカ バルマンテ編メモ | page top
バルマンテ編備忘録。
2017 / 10 / 21 ( Sat )
サガスカ3人目は処刑人バルマンテに決定。
今回も主人公選びは彗星に委ねました。

もしかして彗星に委ねて選ばれる主人公って、
ここまで1人目レオナルド、2人目ウルピナ、
3人目バルマンテ、とかぶっていないので、
最初の4周分だけは同じ主人公が選ばれないように
調整されているのかなー。

■バルマンテ編 初プレイ記録
※ネタバレありです。

・出発する前に
シグフレイ追跡の旅に出る前に、バルマンテの装備をに変更。
彼の初期装備の斧は即没収しました。

レオナルド編のバトルで、
大木断から地獄断面までばんばん外しまくっていた
バルマンテを思い出すと、
彼にはやっぱり斧以外の武器を持たせておこうと思いまして。

というわけで、今周のバルマンテは棍棒使いに。
この武器なら技外さないからストレス溜めずに戦えます♪

アーサー&アーサーの護衛団のみなさんは
初期装備の武器で育てることにしました。

それでは出発。
バルマンテのフィールドBGM聴いていると
気持ちがぐっと引き締まってくる感じがします。
重厚感のあるバルマンテらしい曲だな~。聴き惚れる……v

それと、フィールドのバルマンテが一瞬アンサガのチャパ族っぽく見えたのは、
あの前髪のせいか、それとも気のせいか……(笑)


・モウレワ州へ~
シグフレイと名乗る男が
モウレワ州に現れたそうなので情報の詳細を確かめに行くと、
ついさっきウルピナ編で共にラスボスを倒したポール
シグフレイと名乗って祈りの塔を建設していました。
本人曰く、「その名前が星神のお告げだったから」だそうです。

Σえ、あのチュロス屋のおっちゃんってそういうキャラだったの……?

たしかに星神への祈りの塔の建設に熱心な人でしたが、
そんな気配はウルピナ編では全く見なかったので衝撃を受けました。

しかも最後はシグフレイとして処刑されてしまうポール。
さらにショック。

ところであれって、「シグフレイが甦った」っていうのかな……?
バルマンテが言うように、シグフレイの情報を耳にしたポール自身が
「甦ったシグフレイ」になりきっていただけ、ともとれますし。

だけど、処刑の直前にバルマンテに対して「バルマンテ君」と
ポールがかつてのシグフレイと同じ呼び方をわざわざしてみせたのは――
引っかかるなあ……。
本当にシグフレイが甦ったのか、それともポールの狂言だったのか。

ちなみに完成した祈りの塔ですが、
直後に魔物により壊されました。

なんとなく「魔物に委ねる」の選択肢の方を選びたくなったのは、
発売前に見た公式のバルマンテ編プレイ実況の影響かな(笑)。

~おまけ~
祈りの塔の完成を待つ間、
州のあちこちでイベントを起こして回るのですが、
シャムス神殿のHARDバトルで死にかけました。

シャムス神殿のシャムスの神獣は、
絶対に初期ステータスで挑む相手じゃないと思う。

バトル中シャムスの恩寵が来なかったら、
100%タイトル画面に戻されていました……orz
あとアーサーの毒霧の毒ダメージのおかげです。

それと今回はストルムィクネンは仲間になりませんでした。
というか『緋の天啓』を読むまで彼の存在そのものを知らn(ry
今ではいつも真っ先に彼を仲間に迎えに行ってます♪

――続く。
23 : 59 : 36 | サガスカ バルマンテ編メモ | page top
レオナルド編(3回目)プレイ雑記。
2017 / 10 / 12 ( Thu )
サガスカーレットグレイス、
レオナルド編(3回目)クリアしました。

今周のレオナルド編では
これまで仲間になったことのないキャラを
片っ端から仲間にしていき、ついに主人公4人が初・勢ぞろい♪

sagabest.jpg

記念に主人公全員&リサの5人で
ヤクサルトのマリガン神を倒してきました(笑)。

あと、レオナルド編でしか仲間にならない
太皇太后大魔女キーガンも今周初めて仲間にできました。
Σ大魔女のデブリスフロー強い!
これは詠唱3ターンを待つ甲斐がある威力だなー。
太皇太后も二刀流使いのパワフルなおばあちゃんに成長しました。

そんなこんなで、
気づけば30人という過去最多の人数が集まっていて、
レオ編はもう3回目なのに旅もバトルもとても新鮮でした♪

それからメグダッセ辺境州にて
プレイ12周目にして初めて赤リンゴを入手。
やっと黒リンゴじゃなくて赤リンゴを収穫できた……!
よっしゃあああ!ついに羊飼いのノーランが仲間になったあ!

彼のことは11周連続で仲間にしそびれていたので
仲間にできた時の達成感はひとしおでした。やったー!

本当はもっとじっくりプレイする予定だったのですが、
気まぐれでアスワカンに行ってみたら
帝国図書館でのバトルにて――

リサ→狂い咲きを閃く
レオ→ジョルトカウンターを閃く→そのままロール「鉄壁」も獲得


これはきっと、さっさとクリアしてしまおうと
レオ&リサが言っているに違いない
というわけで、
ラストバトルの準備は何もしていませんでしたが
もうそのままファイアブリンガーも倒しに行ってきました(笑)。

何も準備せずにラストダンジョンに突入したので
こちらの戦力はいつもより弱かったですが
心なしかファイアブリンガーもシグフレイも
こちらに合わせて弱かった感じだし、
ピンチの時は太皇太后ヴィクトリアの
二刀烈風剣でごり押ししたらなんとかなりました(笑)。

ちなみに今周は緋の欠片全て未回収の状態で」アイ・ハヌムに到達。
石を投げる時の選択肢とレオの台詞がいつもと違っていました。
おおー細かい!

見たEDはさようならエンドでした。
はい、ラスボスには手加減をお願いしました。リサすまぬ……orz
ちなみにラストシーンでレオを訪問したのは太皇太后でした。
ヴィクトリア様ならレオにいいフォローしてくれそうだな。
……いや、むしろレオ一喝されるかもしれんな(笑)。

こうしてサガスカ12周目をクリア。
それにしても後日談見るとレオに影響された人多いなあ(笑)。

今周のプレイで、ついに全キャラの後日談を鑑賞できましたvvv

でも、「仲間は多い方がいい」のトロフィーとの対面は
あと3周ほど先の話になりそうです

……どうやら、
6周目のバルマンテ編のクリアデータか
7周目のタリア編のクリアデータあたりを
今回のレオ編に引き継ぎ損ねていたみたいですorz

したがって、仲間コンプのトロフィーを目指すならば
少なくともバルマンテ編をあと2回と、
タリア編をあと1回、プレイする必要がありそうです。

まだ見たことのない面白いサブイベントでも
のんびり探しながらプレイしていこうかなー。

~おまけ・レオ編のシグフレイたち~
そういえば、
レオがコハン城でアイ・ハヌムのことを尋ねると、

シグフレイ「北へと進んでノルミ地方へ行ってみたらどうかね」

アーサー「アイ・ハヌム?おばあちゃんにでも聞いてくれよ」

と2人から言われますが、

これって、太皇太后とか大魔女が仲間になるキャラだよ、
というシグフレイ&アーサーからのヒントだったのかも。

特に太皇太后が仲間入りする条件を『緋の天啓』で知ると、
ここのシグフレイ&アーサーの台詞は
本当にさりげないけど重要なヒントだよなあと思います。

考えてみれば、シグフレイもアーサーも
場合によっては正体が正体のお方なので、
あの2人ならそのくらいの役割を背負っていてもおかしくなさそう。

仲間コンプのトロフィーを意識してプレイし始めたら、
コハン城の2人のことが、ふとそんな風に見えてきました。
というか、もはやそうとしか思えない(笑)。

おかげで、ヌマディカの黄金の都でレオと再会した時に

「覚えているかね、君にいろいろとヒントをあげたのを」

と言ったシグフレイの台詞が
「仲間は多い方がいい」トロフィー獲得目指し中の
プレイヤーに対してのメタ発言にも聞こえてしまう(笑)。

仲間コンプのトロフィー絵がシグフレイなのもちょっと納得。
23 : 56 : 23 | サガスカ 雑記 | page top
ウルピナ編備忘録 その11(最終回)。
2017 / 10 / 08 ( Sun )
サガスカーレットグレイス、
2人目のウルピナ編初プレイ時のメモの続き(最終回)です。
※ネタバレありです。

◇ウルピナ編クリアしました!

last.jpg

初クリア後、再びファイアブリンガーに挑み直し、
今度はベアトリス&ヤマトを最終メンバーに入れて勝てました♪

余談ですが、
1回目EDでは登場しなかったポールの後日談を見ようと
30回ほどポールをバトルに参加させてから
再びアスワカンに渡ろうとすると、

「これ以上引き延ばす意味もありません」

と、モンドからラスダン行きを許可どころか催促されました(笑)。

以下エンディングの感想など。

・ファイアブリンガー撃破~
ファイアブリンガーを倒すと前回と同じく、
1つの輝く欠片がウルピナの前に降ってきます。
(『緋の天啓』を読む前のプレイだったので、
当時はこの欠片はファイアブリンガーのコアだと解釈していました)

今回の主人公ウルピナはどうするのか。

ゆっくりと降りてくるファイアブリンガーの欠片を
手に取ろうともせず、じっと見るウルピナ。
地面に転がる欠片。
無言で近づくウルピナ。

そして――

粉々に踏み潰される欠片

ファイアブリンガーに対して、
最後の最後まで容赦のないウルピナ姫でした。
画面が暗転する時の彼女の表情がまたなんとも――

ウルピナ視点だと、
邪神の力は一片たりとも残さずここで消す、といったところかな。
主人公からここまで敵意むき出しで倒されるラスボスも珍しいなあ……。

・ファイアブリンガーとウルピナ
今周のファイアブリンガーは
「何もしていないのにウルピナから一方的に殴られたラスボス」
という感じでちょっと可哀想でもありました。

――私は何もしていない

――私は悪くない

アイ・ハヌムでのファイアブリンガーのこの台詞は
おそらく本当だろうなあと思います。
「星神を裏切り追放された邪神」として
サガスカ界とプレイヤーに伝えられるファイアブリンガーですが、
そこには隠された真相があるんだろうなあ、きっと。

――これはこの先の周回プレイが楽しみだな♪

とはいえ、あの時のウルピナの視点で考えてみれば、
ファイアブリンガーのことは、故郷が冥魔の脅威にさらされ、
兄が命を落とした元凶にしか見えなかったのかもしれません。
そう考えると、ウルピナのあの言い方も
無理のないことだったのかなー、とも思います。

自分をアスワカンに招いた不死鳥から
託された使命を果たすという気持ちだけじゃなくて
そういったことへの思いも加わって、
ファイアブリンガーへの態度がああなったのかもなあ。

――それにしても、バトル前にウルピナから
あれだけ一方的にズタボロに言われたにもかかわらず、
ずっとウズメの陰影&クリムゾンフレアで
手加減して戦ってくれたと思われるファイアブリンガーを思うと
ちょっと泣けてきます。

それとも、緋の欠片のシナリオを選んだことで
今回のファイアブリンガーはほんとに弱体化していたのかな。

・ウルピナ編エピローグ
故郷シルミウムにて。
ウルピナとモンドの会話が流れます。

ウルピナ
「ユラニウス家は、帝国の再建を諦めました」

精霊たちの恵みがこの世界を支えてきたこと、
そして帝国はファイアブリンガーを倒すために作られたものであり、
その脅威が無くなれば不要のものになるのは必然だったことを、
これまでの旅を通してウルピナは知りました。

ウルピナ
「これからは精霊のバランスを保ち、
日々を平和に過ごせるように心を配ることにします」

決意を新たにするウルピナ。

ウルピナ
「でも、精霊が人々の幸せを約束してくれるわけではないわ。
それは人間が自分で築いていかなくてはなりません」

モンド
「今度は姫さまが人々を守る番です。守役はもう必要ありませんな」

これからは、
ウルピナが新たなユラニウス家当主として
人々を守っていく番です。

モンド
「大殿にはご隠居いただき、私と共に諸国漫遊でもしていただきます」

そして、ウルピナとモンドから
プレイヤーへの挨拶の言葉を最後に、ウルピナ編は幕を閉じます。

「兄さま、これからもウルピナをお守りください」

そして、心の中で亡き兄さまに祈るウルピナ。
多分もっと近いところにいると思うよ(禁句)

そして後日談とともに流れる「胸に刻んで」。
ウルピナ編をクリアした今この主題歌を聴くと、
亡き兄さまを想ったウルピナの歌にも聴こえてきます。
相変わらず泣ける歌だなあ……;;

黒装束の後日談がツボだったというかすごく和みましたv
あれは絶対成仏していない(笑)
あと後日談トップはエリセド姉さまでした。
ちなみに愛用した技・術は召雷ではなく茨の呪縛でした(笑)。
BP1つ&1ターンで使えるから重宝したなーあの術は。

その一方で――

ΣΣΣヤマトー!!!
ウルピナ編開始時からラストバトルまで
ずっと頑張ってくれた彼があんなことになるなんて;;
Σというかなんで大戦が勃発しているの!?
そういえばユラニウス家の関係者はみんな
後日談見ると大戦に巻き込まれていたなあ;

さっきあんなに平和な雰囲気で物語は終わったのに、
それは歴史の上では束の間のものだったのか……。
リアルといえばリアルだけど、やっぱりちょっとやるせないなあ。

そんな感じで2人目のウルピナ編をクリアです。
22 : 52 : 52 | サガスカ ウルピナ編メモ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。