FC2ブログ
ウルピナ編備忘録。
2017 / 07 / 26 ( Wed )
サガスカーレットグレイス2人目の主人公は
彗星に委ねた結果ウルピナに決定しました。

以下、ウルピナ編初プレイ時のプレイメモです。

◇ウルピナ編プレイメモ(※ネタバレありです)

・ロニクム州巡回~
兄さまに任されて領内の巡回に出かけるウルピナ姫。
初バトルでいきなり「最速の証明」のトロフィーをゲット!
幸先の良いスタートです。

ところでウルピナ編の通常バトルBGMのイントロ部分が
何度聴いてもプロレスっぽい雰囲気にしか聴こえない
けれどどうしよう(笑)。

ウルピナがもしもサガフロ1の世界に行ったら
私はDSCが得意技です!とか言いそうなウルピナ像が
このBGMを聴いた時からプレイヤーの中に誕生した気がします。

巡回中、前回レオナルド編で出会った
パルム候のチアーゴや町長やネエちゃんに早々と再会。
まさかパルム候の口から老害という単語が出てくるとは(笑)。
あと城主としてのパルム候恐ろし過ぎです(震)。
こんな城主が隣人なのか大丈夫かユラニウス家……。

・シルミウム陥落~
非常事態発生中のシルミウムに
本来ならまっすぐ帰還するべきなのですがそうはせずに
あえてまずはパルム城の門を叩き、救援を要請してみるウルピナ。

行く前からいやな予感はしていましたが案の定バトルになりました。
(それならなぜ行った;)

LPをいくつも減らしながら命からがらパルム城を脱出
やっぱりロクな隣人じゃなかったああああorz

結局シルミウムは陥落し、
この危機をアスワカンに遠征中の父に伝えるべく、
ロニクム州西方のモンスター溢れるツヴィークの塔
(そこしか他の州に移動できるルートがなかった)を
さらにLPを減らしながら強行突破するウルピナ一行

ウルピナ編って開始早々からバトル難易度ハードだな……。
(半分近くプレイヤーのせいです)

たしかユシタニア州にEASYの洞窟があったよなー。
LPはそこで回復しよう。

・ユシタニア州通過~
守役のモンドの好物がハチミツだと判明(笑)。
シルミウム襲撃からここまでLPを削ってのバトルが続き、
プレイヤーの気持ちも張りつめていたので和んだ場面でしたv

オグニアナが仲間に加わり、
フォモーワ城の地下水路の連戦を辛うじて突破。
あのフォモーワ城主のおっさんめ、
おかげでせっかく回復したLPがここで再びごっそり削られたぞ(怒)。

・ハイバーニア州通過~
「せっかく手に入れた手駒、手放しませんぞ!」と
本音もぽろっとこぼしながらフォモーワ城主が
何度も追っ手を差し向けてきました。
ここで何回全滅したことか……orz
もうおもてなしという名のボス戦は結構です(涙)。

さっきのパルム候といい、ユラニウス家の近隣は
こんな一癖も二癖もある城主ばっかりなのかよ;;

マクリルカリ要塞の兵士よありがとう、恩に着ます。
グラディオン州に渡り、ようやくアスワカンへ。

・アスワカンにて
ユラニウス家含む連合軍が敗北したという情報を入手し、
アスワカンに渡ると事態はさらに波乱の展開に。

アスワカンで何とか父と一瞬再会できたものの、
謎の敵と大地の蛇とのボス連戦に突入。
全滅しかけながらどうにか勝利したものの、
バトルが終わってみたら父の姿が消えておりました。

そして何やらエラそうな態度のおっさんから
この騒動の最中に盗まれた皇帝の大鋸を取り戻せと命令されました。
取り戻してやるから父を先に返せと強く出られないのがなんとも悔しいです。

さっきのハイバーニア州の時と同様に
ここも「押し通る!」でどうにかできたらとぶっちゃけ思いましたが
ウルピナを追って来てくれたエリセド姉さまの助言に従い、
無茶はせずに一度シルミウムに戻ることになりました。

そこで一旦別れたエリセド姉さまでしたが、
アスワカン港で再び追ってきてくれて、仲間になってくれました。
……Σあっそういえば船乗りの男は放置したまm(ry

――それにしてもこうして振り返ってみると、
ウルピナ編ってまるで大河ドラマの戦国時代みたいな雰囲気だな。

ちなみに先ほどの連戦でバトルタバール(攻撃力31)をドロップ入手。
斧担当のベアトリスに即装備させました。

おそらくミンサガでいうところの兵士A&Bポジションだと思われるベアトリスとヤマト、
サガスカでは名前も台詞も個別にあってかなり優遇されているなあと思います。
この2人は出来ればラストバトルまで活躍させたいなあ。


――続く。
23 : 05 : 33 | サガスカ ウルピナ編メモ | page top
| ホーム |