FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ウルピナ編備忘録 その9。
2017 / 09 / 01 ( Fri )
サガスカーレットグレイス、
2人目のウルピナ編初プレイ時のメモの続きです。
※ネタバレありです。

◇ウルピナ編プレイメモ続き

・ねんがんのアイスソード

ice.jpg

ねんがんの冷凍剣・アイスソードを手に入れたぞ!

前回のレオナルド編では氷晶不足で作れなかった
待望の冷凍剣・アイスソードを入手♪
今周最大の功労者であるヤマトに装備させました。

あとデストロイヤーという斧も今周初めて作成。
こちらはベアトリスに渡しました。
固有技のフェイタルエクリプスにはサガの新境地を感じました(笑)。

それでは、いざラストダンジョンへ。

・帝都アスワカン~中央星神殿へ
アスワカンに渡り、不死鳥の羽根を使うと
帝都全体をゆっくりと旋回したのち、
中央星神殿に降り立つ不死鳥のビジョンが。

そこへ行くために、帝国図書館で道を聞くウルピナ。

司書の女性は
レオナルド編の時とはうって変わってすんなりと
中央星神殿への行き方と不死鳥について教えてくれました。

彼女の話によると――

・かつて不死鳥たち精霊はアスワカン地下に囚われていた
・帝国はその精霊たちの力により支えられていた
・帝国の崩壊とともに精霊たちは自由の身になった


――で、その時飛び去ったきりだった不死鳥
なぜか今アスワカンに帰ってきた、と言う司書。

司書「その理由が、今分かりました」
ウルピナ「私は不死鳥に招かれた、ということですね」
司書「スゴーイ、姫さま、頭がおヨロシイのですね」

最後ウルピナ微妙に馬鹿にされていませんかねこれ;

それはともかく、
不死鳥がウルピナをアスワカンに招いたわけを知るため、
図書館地下から中央星神殿を目指します。

・不死鳥の最終試練
あ、中央星神殿内に不死鳥の巣がある……。

大きな卵がある……。

モンド爺やがフラグ立ててる(観念)。

ギリギリまで淡い期待はしていましたが、
やっぱり不死鳥との戦いは避けられないようですorz

ウルピナ(長剣)、ベアトリス(斧)、ヤマト(大剣)、クミ(弓)、ジゼル(小剣)

の5人で不死鳥に挑みます。

タイムライン上に並ぶ火の精霊
少なくとも3体連結させておかないと敵の連撃を出せない
(=ずっとバトルが終わらない)ので、
音速剣瞬速の矢のように素早く動ける技と
逆に氷雪刻のように行動順が遅くなる技を両方そろえておくと楽です。
というかそろえておかないとこの戦いはほぼ詰みます(笑)。

不死鳥戦を突破すると、
レオナルド編の時と同様に中央星神殿が下降し始めます。

ラストバトルの地はレオ編と同じくアイ・ハヌムです。
モンド曰く、ファイアブリンガーを信仰する者の古の都だそうです。

・ウルピナ vs ファイアブリンガー

――私は何もしていない

!!

ファイアブリンガーが喋ったああああ!!

ファイアブリンガーにも台詞あるんだ!!
レオ編では無言だったので驚くと同時にすごく嬉しかったです。
正直台詞の中身よりもこれにまず気を取られていたかも(笑)。

ということは、未プレイのバルマンテ編やタリア編でも
また違う台詞を喋ってくれる可能性がある!?
うおおお残るバルマンテ編とタリア編も楽しみになってきた!

……と、画面の向こうでテンション上がっているプレイヤーとは真逆に
ウルピナとファイアブリンガーのやり取りは険悪な方向へ

ウルピナ
「ここで精霊や星神の力が衰えるのを待っていたのね。
ずるがしこい神に相応しい振る舞いだわ」

――私は悪くない

ウルピナ
「精霊たちはこの世界の片隅にさえ、
お前が留まることを望んではいない!」

――精霊に我を追う力は無い!

ウルピナ
「消え去れ!ファイアブリンガー!」

――愚か者めが!

もはや会話が成立していません。

まるで親の仇だといわんばかりに
ファイアブリンガーの言葉を敵意むき出しで全否定する
ウルピナ。
ウルピナ、急に一体どうしたの……?(汗)

たしかにファイアブリンガーは
サガスカの世界では一般的に邪神という認識だし、
緋の欠片編ではサーシャと緋の欠片を探したし、
不死鳥がアスワカンにウルピナを招いた理由も
ファイアブリンガーを倒してほしいからなんだろうけれど……

でもウルピナ、これロマサガで言えば間違いなく
「ファイアブリンガーを阻止する」じゃなくて
「ファイアブリンガーをたたきころす」の方の選択しているよね?
ジェフティメスの怒りに触れて大地の剣もらえないルートだな

ファイアブリンガーを目の前にした途端の
ウルピナの変わり様にプレイヤーは戸惑いを隠せないまま、
最後の戦いが始まりました。

キリがいいので一旦ここで区切ります。

――続く。
23 : 57 : 13 | サガスカ ウルピナ編メモ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。