FC2ブログ
バルマンテ編備忘録 その6。
2018 / 01 / 31 ( Wed )
サガスカーレットグレイス、
3人目のバルマンテ編初プレイ時のメモの続きです。
※ネタバレありです。

■バルマンテ編プレイメモ続き

・コハン城にて
珍しく、自分からアーサーを呼び出したバルマンテ。

バルマンテ
「こうは考えられないだろうか。
シグフレイは俺の手で処刑されたのでなければ
甦ることができない、と」

アーサー
「そう考えれば、シグフレイが君に執着するのも分かるね。
処刑人にはある種の力が宿っていると信じる人もいるからね」

プレイヤーとしては、
「バルマンテが緋の欠片を預けた相手だから」というのも
シグフレイが彼に執着する理由のひとつだろうなあと思っています。

もしかしたら、
「緋の欠片がバルマンテの元にある状態」で処刑されることが
シグフレイにとっては重要なポイントなのかもなあ。

――となると、
シグフレイがバルマンテに例のペンダントを渡したのも
自分が甦るまでの間の緋の欠片の番人代わりとして、
という理由だけではなさそうだな。

アーサー
「僕は処刑人もただの職業だと考えているけれど、
バルマンテを見ているとちょっとそういう気もしてくるよ」

バルマンテ
「俺に何かが宿っているというのか?
処刑人には医学的な知識や、道具を扱う技術・体力が求められる。
得体の知れない霊力で処刑を行っているわけではない」

バルマンテ編プレイ開始時から何があっても
ずっとこのスタンスで動じないバルマンテが大好きですv

・ロニクム州へ~
ロニクム州でシグフレイの目撃情報があったそうなので
5度目のシグフレイ追跡調査に出発。

シグフレイ、だんだんコハン城から遠い地域で活動するようになったな……。

今回はパトリシアがお休みしているそうなので、
とりあえずロニクム州まで向かい、
情報を集めた結果、ビキニロ辺境州を調べに行くことに。

バルマンテ「パトリシアがいかに優秀かがよく分かるな」

いつもシグフレイの居場所や動向が
コハン城を出発する時点で判明しているのは
彼女の事前調査の賜物なのです。

バルマンテの台詞に、プレイヤーも大いに同感。

・ビキニロ辺境州にて
ぺスカラの町~アンキアーノの町で話を聞いていくと
途中で海岸で起きたHARDのバトルを1回挟んだだけで
あっさりとシグフレイが発見されて、そのままシナリオクリアに。

どうやら、一切の寄り道をせずにクリアしてしまった模様。

おかげで海岸に出現したHARDバトルの敵のアイコンが
超特大サイズで驚いたことしか記憶に残っていな(ry
そういやカプレーゼの町には立ち寄ってすらいな(ry

ああー、今思うと
この時初プレイだったとはいえもったいないことをしていたなあー。
ビキニロにある愉快なイベントの数々を全部見逃すとはorz

なのでビキニロで繰り広げられる
バルマンテとアーサーの珍道中を初めて見たのは
2回目以降のバルマンテ編プレイででした。
Σなんだこのコハン城コンビ面白すぎる!(笑)

シグフレイそっちのけで
ツチノコの捕獲に熱くなるバルマンテとか、
井戸の美女口説こうと引き止めようと頑張るアーサーとか、
彫刻家アスラナとの出会いとか――

特に、ツチノコに本気になるバルマンテは何度見ても最高ですvv
ツチノコを捕まえた後の、半ば呆れ気味のアーサーと
ツチノコを愛でるバルマンテの会話がまたツボvv

なので、今ではツチノコを追うバルマンテを見たいがために
ここのシナリオはビキニロルートを選んでいます(笑)。

――続く。
23 : 58 : 27 | サガスカ バルマンテ編メモ | page top
| ホーム |